ウレシイトキ オイシイトキ ジャジ~なトキ

ブログトップ

小千谷風船一揆

1週間前の週末
小千谷風船一揆という熱気球イベントの撮影ツアーへ

東京マラソンの準備で新宿が使えなかったらしく
イレギュラーに中野駅発になった

乗りこんだバスの足元を見てビックリ
a0025842_0152145.jpg
広~い

よく見てみたら窓に車椅子のマークが。。。
他の列に比べて広かった
そう言えば通路に段差がないなと思っていた
車いす対応バスってことね

冬に雪国でこんなイベント大丈夫なのかな?
雪のピークを越えた時期ならむしろ天気いいのかな?
などバスツアーなので無責任に考えていたけど
結局期間中3回予定されていた競技のうち
まず私たちが到着前の朝の競技は悪天候で中止になったと聞いた

2日間ずっとみぞれの予報だったので心配したけど
私たちが新潟に近づくにつれて晴れてきた
a0025842_23161162.jpg
2回目の競技は予定通り実施
青空をバックに撮れるとは思ってなかった

競技は最初に飛んだ気球が落としたゴールポイントに
どれだけ近いところに落とせるかというのが勝敗の基準だと言う

撮影はスタート地点
1時間弱ですべての気球が飛び立った
最後はこれ
a0025842_23284441.jpg
ゴールは離れた場所になってしまうので結果はわからない

そこから夜の花火イベント会場へ移動
花火は5分で終わっちゃうので 上手く撮れなかった

場所取りのために1時間じっとしてたけど
実際は会場が人で埋め尽くされるわけではなかった
だったらその間に温かいものでも買って食べたかったな~

長岡のホテルに到着後
『自由夕食』なのになぜか一番近いラーメン屋に
添乗員さんやその他のお客さんが数名いた

チョイスないんだったら食事付けてくれ~っ!

お客さんはおじさんたちばかりで
カウンターに並んでるのにしゃべりもせず食べてた

一人で座っていた添乗員さんにジョイン
よく話す楽しい方だったので
持て余すことなく食べられた
a0025842_23481624.jpg
味噌ラーメン

コンビニでビールとデザートを買って帰り
部屋で食べて寝る

久々に全然眠れない夜を過ごした

翌朝起きると雪がじゃんじゃん降ってた
朝の競技のため 7時20分出発に向けてバスに乗り込んだが
またも中止の連絡が

結果 競技は1回だけになった
すごい賭けだよね コレ。。。

その後 魚沼を予定していたけど
積雪がすごすぎて行き先変更だとさ

代わりに行った美人林という場所
前から行きたいと思っていた星峠の棚田の近くみたいだ

この日も現地に向かうバスの中では
雪はどんどん強くなっていった

ダウンの上にレインコートを羽織って外に出る
だんだん雪は弱くなって
私たちが林に着いた時にはほとんどやんだ

今回は2日とも天気予報が良い方に外れた
a0025842_074350.jpg
暑くてダウンが要らなくなった

肩の痛みは少しは良くなってるようで
三脚無しでも何とかカメラを構えられた

2時間弱そこで時間をつぶして
11時にはすでにお帰りモード
バスの車内ではお弁当を食べる以外ずっと寝た

3時半に東京に戻ったツアーは初めて
もう1ヶ所くらい回れなかったのかな?
とも思ったけど
日曜だからチョット遅く出たら高速はきっと渋滞する
難しいよね。。。

その他の写真はflickrを見てね

[PR]
# by room908 | 2017-03-05 00:34 | タビスルトキ | Comments(0)

イタイ誕生日

信頼できない医師にもらった抗うつ剤
その後 薬局から連絡をもらい
偶然にも彼らの仕事の手順に不手際があったとかで
あっけなく薬代は返還された

最近では
おばからもらった枕(元々私のもの)が
功を奏しているかわからないけど
夜中に痛みで目が覚めても
体を起こさずにもう1度眠りに付くことができている

でも横になるのがあまりにつらい
2週前に美容院に行ったけど
シャンプー台に寝転がるのは怖くて
ドライカットだけにしてもらったくらい

前回のドライカットの理由は めまいだったけれど…

昨日は51回目の誕生日
例年通り休みを取ったけれど
天気予報がイマイチだったし
前日に仕事でトラブルがあり
帰りが11時になってしまったこともあり
遠出はあきらめていた

羽根木公園の梅くらい撮りに行こうかと思ったが
肩の痛みでカメラがホールドできないので
結局気乗りせずに昼過ぎまでほとんど仕事モードのまま

せめてちょっとでも出かけようと
肩の病院へ

もちろん前の病院には行かない

すでにMRIで五十肩以外のなにものでもないことは証明されてる
この次行くのはペインクリニックと決めていた
ペインクリニックだって元は普通の整形なんだけど
何となくその方が
痛みを取ることを追求してくれそうな気がしたから

たまたま前の病院と同じ駅前にそれはあった
まず受付の女性がとても感じが良かった

いわゆる若い女性のマニュアルどおりの応対ではなく
いちいちチョットしたスモールトークを付け加えるような…
全然悪い意味じゃなく
むしろ自然な会話を楽しめるようなご婦人

名前を呼ばれて診察室へ
すごく話しやすい先生で
今までのどの先生より詳しく
「それで?」「それはいつ?」と順に経過を質問しながら
丁寧に記録を取っていく

前の先生も1回目はこのくらい聞いてくれたかもしれないな~
と あまり過大評価しないよう自分に言い聞かせる

前の病院はすぐ近くなので
名前を出したらわかったかもしれないが
聞かれなかった

MRIの画像ファイルが入ったCDも一応持って行った
そこにも前の病院の名前が書いてあったが
それを見せてとも言われなかった

だからその病院名は言わずに 例の抗うつ剤の話をした
そしたらなんと…
「その薬 五十肩には承認されてないんだけどね」

え…?
「変形性関節症という病気には承認が下りたんですけど
肩関節周囲炎(五十肩のこと)ではないんです」

なんですと…?
「絶対間違いとは言えないけど 確かにちょっと説明が悪いですね」

だそうです

しかも今調べたら
その薬が変形性関節症の承認受けたのは去年の12月中旬
つまり処方はそのたった1ヶ月後だった

人体実験かよっ

結局今回はブロック注射というのをすることになった
ステロイドともヒアルロン酸とも違うらしい

ステロイドの時 全然痛くなかったんだけど
今度のはやっぱり痛かった
しかも3ヶ所も。。。

ロキソニンと 1軒目の整形でもらった漢方薬も飲むことになった
プラス鎮痛剤の湿布
痛みを取るためにできることは全部入り!

でもやっぱり最低半年は続くんだって

出るのが遅れたので
終わったのは5時過ぎ

最初からモクオラに行こうとは決めていたが
時間が時間なので
ご飯ものにしようか迷った

今週末は実家に誘われてたので
その時はホールケーキでも…と思ってたけど
母から携帯に
「寒いから無理して来なくていいよ」と送られてきた

仕事で嫌なこともあって
チョット気が楽になったので
ホールケーキの代わりに初志貫徹
a0025842_23172271.jpg
まぁ「いつもの」だけどね

手に持って寝るためのクッションを買って帰宅

今日もランチ抜きだったので
1回薬を飲むのを忘れてしまった

だからかな…それとも湿布の効果が24時間続かないからか
夕方頃からむしろ昨日より痛い

来年の誕生日まで続くかな
[PR]
# by room908 | 2017-02-11 23:50 | カナシイトキ | Comments(0)

信頼できない医師

1月13日
MRI の結果を聞きに
笹塚のW整形外科へ

おそらく自分が思うような(ただの五十肩ではないという)結果は出ないだろう
その時 もうこの先生には打つ手はなく
ボルタレンより弱い痛み止めを出すくらいだろう
そしたらその薬をもらって 他のペインクリニックに移ろう
そう考えていた

先生は写真を見せながら とてもきれいな肩だと言った
予想通り「これで純粋に五十肩と証明された」とも

その後の発言は予想外
「じゃあ別の薬を試してみましょうか」

え…?
打つ手あるんだ

『神経に働いて痛みを抑える薬』だそうだ

「1日1回2週間分出すから 2週間後にまた来てください」

「今回は痛みが続いても治まっても来るんですね?」
だって 注射の時は治まったら来なくていいって言われたからね

その時 先生がちょっと慌てたような気がした
「あ…まぁそんなにすぐには効かないと言うか…モゴモゴ」
「いや 効くかもしれないけど」

ま いっか…

その日のうちに薬をもらいに行く

渡される前に
「アルコールは飲まないで」とか
「眠くなるので車の運転はダメ」とか
2つ3つの注意事項を言われた

アルコールは『一緒に』飲まなければいいんでしょ?
と聞き直そうとしたけど
周りに他のお客さんもいたので
わざわざ聞くのはやめておく

新しい薬なので
帰宅して間もなく ネットで調べてみた

サインバルタ…と入力

ん?
抗うつ剤だって???

何それ~?!
なんで???

確かにこの薬が
慢性的な痛みの症状にも処方されることも知る

前回の診察で
「夜の痛みはストレス」と言われたことも
間もなく思い出した

私の我慢できない痛みは
横になると痛みが増し 起きあがれば痛みが減る
という性質のもので
物理的な体勢が原因としか考えられない
なぜこれがストレスなの?
なぜこれが慢性なの?

あの先生は
私が今現在どんな痛みを感じているか
ヒアリングしようとしない
だから正しい判断できないのだと思った

百歩譲って
正しい判断の結果 この薬を選んだとしたら
それがどんな薬なのか
元は抗うつ剤だけど 云々カンヌンと…
きちんと説明してもらいたかった
モゴモゴはやめてほしい

振り返ってみると
必要以上に現在の症状まで質問する薬剤師さんもいるのに
今回は薬局でも余計な会話はなかった

あるサイトでは
『渡す時に「うつ病ですか?」なんて聞けない』という内容の
薬剤師さんを名乗る人の書き込みも見つけた

もちろん処方箋は整形外科から出ているのだから
うつ病ではないことは彼らにも想像つくだろう
しかし 念のため微妙なことは聞いてはいけないと
彼らのマニュアルに書いてあるとしたら…?

考えすぎなのはわかってるケド

別のサイトでは
うつではない人がこの薬を飲んだ場合の『逆効果』の可能性や
「だから一人暮らしの患者には処方しない」という
医師を名乗る人の書き込みもあった

逆効果とは自殺願望が強くなったり
イライラしたり暴力的になったりすることだそう
つまり 家族が異変に気づけない環境でこれを飲ませることを
危惧する医療関係者も実際いるということ

もちろんほとんどのサイトでは
その副作用はうつ病患者が飲んだ時のもので
うつ病ではない患者が飲んでもその副作用は出ないと掲載していた

一方で 該当の患者にうつが隠れていないことは誰にも証明できない
という意見もあった

すっかりその先生への信頼をなくし
その薬は飲まないと決心して
間もなく出張で神戸に向かった

滞在中 会社の同僚と一緒にゴハンを食べた時にその話をしたら
「薬の写真や効果が書かれた紙は入ってなかったんですか?」
と言われてはたと気付いた

ない…そう言えばなかった
普通あるよね?
隠ぺい?!
まさか…

処方箋に
『薬について詳しい説明はしないように』という暗号でも
隠されていたのだろうか…?

なんて
気にし過ぎだとわかっていても
とにかく気持ち悪いことには変わりない

薬を返品できないことはわかっていたので
今回はこのまま泣き寝入りするしかないと思っていたけど
ダメ元で一度薬局には申し入れてみることにする

昨日の土曜日に直接言いに行くことも考えたけど
他のお客様の前でこのような話もしづらいので
丁重な内容の手紙を準備をした

お金を取り戻すことが第一目的ではない
意図的にだましたわけではないにせよ
患者側の選択権を尊重しないやり方について
疑問を投げかけたい

その回答しだいでは
これが正しいのか
医師会などにも聞いてみたいと思ってる

今は 日中何もしていない時の痛みは
ゆっくりではあるが快方に向かってる

でも夜は3時間くらいしか連続して眠れない
腕の痛みで一度起きると
体を起こして痛みを押さえないともう1度寝転がれないので
しばらく上半身は完全に起こして
ベッドの上に座った状態で 首を支える枕をして寝直す

その後しばらく頭をグラグラさせながら寝て
ある程度経って 首が痛くなった頃
腕の痛みが治まっていると もう1度横になる

毎晩そんな感じ

出張の間 ホテルで枕を2つ重ねて使った
それが少しマシだったように感じたので
もう1つ枕を買おうかと物色した

ネットで見ただけでは決めきれないので
今日親戚の家で 昔私が使っていた枕をもらいにいく

今夜は眠れるかな?
[PR]
# by room908 | 2017-01-22 14:11 | カナシイトキ | Comments(0)

ショッピング

ほとんど物欲なしに
リハビリのつもりでアウトレットに来た

ふわふわ卵のオムカレー@Butter
a0025842_17530420.jpeg
パンケーキ食べたかったけど
朝フレンチトーストだったからね
カレーは普通に美味しかったけど
卵はもっとふわふわがよかった

やっぱり肩と腕はイタイ

去年もこの連休でここにいたよ

[PR]
# by room908 | 2017-01-09 17:52 | オイシイトキ | Comments(0)

久しぶりのオイシイもの

それは安納芋のホイル焼き
a0025842_1524729.jpg
ジャーン!
本当は湯気も写したかったけど無理

電子レンジのオーブン機能で
190度 余熱無し 70分
甘さはほどほどだけど
水分半端ない

レンチンはダメだった
蒸し器はそこそこだけど
やっぱこれが一番おいしかった

最近オイシイものは簡単にFBの方に上げてしまうので
本当に久々の投稿
食べてる時は肩や腕の痛みも忘れられる気が…する

もう1個食べよっかな
[PR]
# by room908 | 2017-01-07 15:28 | オイシイトキ | Comments(0)

五十肩でMRI

注射の後2週間を待たずに同じ病院に行った

「痛みが取れないです」
という私の言葉に対して
「じゃあ○○しましょう」という積極的な提案はなかった

明らかに『これ以上なす術がない』という先生の反応

だったらなぜ「2週間治らなかったら来て」って言うのかね

しかも前回の注射もステロイドだったとその時初めて聞いた
ヒアルロン酸だと思い込んでいたのに…
そもそも説明が足りないんだよね

だから2週間後にまた注射と言われるんだろうと思ってた
そしたらもうやることないみたい

「MRI撮りますか?」と聞くが
なぜとか
「もしかして○○が隠れてるかもしれないから」という経緯は
説明しようとしない

こちらが「何の可能性が?」と聞くと
やっと「軟骨とか…初期の腫瘍とか…」と重い口が開く
「でもね~夜の痛みとかはストレスかもしれない」

なんですと

「だって夜間痛って言うのはあるんですよね?」

「いいえ 五十肩に夜間痛はありません」と断言
「インターネットに載ってる情報は正しいとは限りませんから…」

いや…私だってあるひとつの記事だけ鵜呑みにしてるわけじゃない
整体や整骨院じゃなく
ちゃんと整形の先生が書いてる記事だって複数あった

いずれにしても
五十肩に夜間痛はないと信じてるなら
なおさら他の可能性を積極的に考えられなければ
ただのヤブ医者ってことになっちゃうのに

信用できなくなってきた

初回以降は
症状の変化を詳しく聞こうという姿勢もない

結局 自分の考え以外受け付けない
五十肩→だからこうなる以外考えられないと思い込んでる雰囲気

私としても
こうなったらただの五十肩と片付けられたくないので
とにかくMRIを撮ってみることに。。。

ずいぶん前に頭痛でMRIを受けたが
今回も同じ施設だった
職場からも近いので
同じ日の仕事の後に予約してもらった

受付では
横たわると痛いので配慮してほしいと伝えた

その後 なぜか診察
なんで同じようなこと問診されなきゃいけないんだろう?
こっちの先生の方が聞いてくれそうだったケド

上半身を検査着に着替えて いざ検査室へ
寝転がってみると 想像どおり左腕が痛いので右手で支える

でも最適な体勢を作るためか
体を支えるクッションはたくさんあったみたい

普段寝る時に腕の下にバスタオルを当てる要領で
いくつか置いてくれて全然痛くなくなった

…始まる前の時点では

体を動かしてはいけないということで
ベルトで固定される

「どれくらいかかりますか?」
「20分くらいです」
「動いちゃうとそれだけ時間かかっちゃいますからね」

20分も動いちゃいけないのかぁ~
その間に痛みが出ないといいけど…

「途中で緊急のことがあった場合はこれを握って」と
ボールのようなものを渡された

機械の中に体が入った時
一瞬めまいのことを思い出してしまったので
すぐに目をつぶる

それは気のせいだったんだけど…
じーっと寝ている間に 予想通り痛くなってきた

腕の付け根の 胸と肩の間くらいから
腕の内側の肘くらいまでがジンジン痛んでくる

あ~あと何分かなぁ
ツライよぉ~
ブツブツ呟きながら耐える

緊急ボールを握ることも頭をよぎったけど
それによってやり直しになったら
もっと長時間この痛みに耐えなくてはいけないかもしれない

最終的に「できません」となっちゃっても
お金は取られるだろうな~
なんて考えると
何としてでも耐えよう
そして「ただの五十肩じゃない」という回答を引き出そう
という気持ちになっていた

それにしても20分検査する間にこれだけの痛みが襲ってくるのに
「あり得ない」と ストレスで片付けようとする先生
だったらそれがどんな痛みなのか聞いて 調べて
原因究明にもっと向き合って欲しい

検査を受けながら
この結果の説明を受けたらまた病院を変わろうと
決意を固めたのであった

そして何とか終了
起きあがる時の痛みもひとしおだけど
体を起こすとあっという間にその痛みは引いてしまう
この原因がストレスのわけなくない?!

外に出ると 気温は低いけど風が弱かった
ずっと運動してないので かろうじて一駅歩いた

夕飯は初志貫徹して坦々麺
a0025842_10584056.jpg
3日に買った黒インクは交換せずに済んだので
ヨドバシに返品しようと思っていたのに
持ってくるのを忘れたのでそのまま帰宅

その夜は1時頃寝た
3時台には痛みで目が覚めた
いつもどおりしばらく体を起したままうとうとする

もう一度横になって なんとか眠れたけど
やっぱり7時頃には起きてしまった
つまり6時間弱の睡眠
足りないんだけど もう痛くて横になれない

これまでだったら朝の薬を飲んで二度寝も考えたが
ボルタレンがあと5錠
何とか夜のために取って置きたい
#そんなこと言っても3時に起きちゃったんだけど

それに最近では
朝は結局体が疲れてないから
二度寝は難しくもなっていた

このまま過ごして 夜は早く寝よう

今も痛い
朝食のお皿を洗おうとしても
左手でお皿1枚 コップ1個持つだけで痛い

こんな五十肩あるんだろうか。。。
[PR]
# by room908 | 2017-01-07 11:24 | カナシイトキ | Comments(0)

年賀状印刷の顛末

16年前のへび年から始めた長文年賀状
2015年の正月が最後になった

その年のプライベートでは写真撮影の旅を繰り返しただけだし
仕事上は 順調ではあったものの
さほど変わり映えはしなかったので
昨年の年賀状では長文報告をせず
それまでの年賀状の締めに使っていた1行の賀詞と
ハガキいっぱいに印刷した写真一枚だけ

しかも 少しでも減らしたくて
いただいた方への返礼のみ

今年もその方向で考えていた

少し前からプリンターの調子が悪い気がしていたけど
ほとんど使ってないし
#実は使わないのがいけない?
最近年賀状をやり取りしているのはわずかなので
そのくらいは楽勝よね~と高をくくって
はがきも買わないまま年越し

元日の夕方 実家から自宅に戻ると数枚届いていた
今年は2日の配達がなくなるから
どうせ印刷は3日着のものまで待とうとのんびり構えつつ
写真を選び始めた

合わせて去年使ったような
年号をデザインしたイラストをネットで探し始めたら
途中でたまたま見つけた写真フレーム用の素材
3枚の写真を入れるスペースがある
本来なら家族旅行のスナップや
子供の運動会なんかの写真を入れるんだろうな

2年前に個別に探した額縁イラストを組み合わて
長文の間に挟み込んだりしようとしたもんだから
えらく苦労した思い出があるけれど
#翌年も同じように作ると宣言しているのにね…
これなら数枚の写真を簡単に組み合わせられるし
1枚をハガキいっぱいに刷るよりも難が隠せる

2日の箱根駅伝を見ながら始めて
午後にはデザインが完成

まだ年賀ハガキもないので
試しに別の光沢ハガキに印刷してみたところ
・・・なんか色がヘン

もう1回印刷したら
1回目は隅の方ちょっとだけヘンだったものが
全体的に青一色みたいになってもっとヘン

明らかに赤系と黄色系が抜けていた

去年のある時 やっぱり印刷結果がおかしい時があって
いくらヘッドクリーニングや調整をしても直らなかった

その時に友人から
互換インクではなくて(本当はそれが原因じゃなかったけど)
プリンターメーカーの純正インクに戻した方がいいと言われたことを覚えてる

チェックしてみると
青(シアン)だけが純正インクだった
つまり最後に変えたのは青だったようだ

その時点で 黒と赤(マゼンタ)の互換インクの箱を見つけた
予備を買ってあるのかと思ったら
中身の袋が開いていた

なぜかその中には使い古しのインクカートリッジが

なんで?
まだ使えるってことかも知れないと思って取り替えてみた

インク残量を表示させると
変える前より少なくなっちゃった

なんで???
今思えばリサイクルするつもりで置いてあったのかも。。。

しかたなくカートリッジを元に戻す

黒と赤と黄は半分弱は残っているように表示されるのだが
印刷結果では黄色いはずの部分に何の色も乗っていないし
ベージュの場所が紫みたいになってて明らかにおかしい
困ったな~

キンコーズみたいなところにデータを持って行くか?
正月休みで誰もいない会社に忍び込んでこっそり印刷しちゃうか?

セブンイレブンのコピー機で印刷できることはわかったものの
インクジェットや写真用はがきは使えない

本当は昨年のうちに写真印刷ができるプリンターを買い替えたかった
Canonの新製品もチェック済み

いっそ買っちゃうか?!

な~んて…新しいのが来ても
そうそうすぐに使いこなせるとは思えなかった
もう一度インクの交換でしのごう

順番からして次は赤と黄を変えるべきことには間違いないので
ヨドバシドットコムでポチっとする
2日の夜だったのに
3日の正午までに届けるとな!

さすがヨドバシ
インクは3日の朝のうちにポストに投函されていた

青はまだ半分以上の残量が表示されていたので
赤と黄が届けば印刷準備完了と思っていたのに…

なんと赤と黄を交換した途端
なぜか青の残業表示が急降下

試し印刷一枚はうまく行ったが
あとどのくらい青が残っているのかわからない

いずれにしても年賀はがきを買いに行くんだから
黒も青も買ってしまおうと 昼過ぎに出かけた

今回の印刷だけ終わったら
インク代相当でオークションに出すぞ

まず近所の神社で初詣

郵便局に行かずに済むよう
コンビニではがきがあるか聞いてみようと思っていたのに
忘れて駅に直行してしまった

まぁしょうがない
新宿に降りて郵便局へ

ガーン
予感的中?
窓口には長蛇の列が。。。

携帯を見ながら 15分ほど待ってやっとはがきをゲット
何メートルも列ができてるのに
係の人は1人しかいなかった
まぁ彼らもお休みだから仕方ないのかな。。。

次にヨドバシで黒と青のインクを購入
ついでにバーゲンでシーツを購入
お餅もなくなってたので購入
左腕が使えないのに重かった

帰宅し 青は取り換えて 黒はそのままで年賀はがきに印刷

すべて終わったところで
…ん?

色はイメージ通りになったが
なんか薄い横線が何本か入ってる
マジか…
気付かなかった

プリンターのお手入れは全部やってるのに…
やっぱりこれはもうプリンターの寿命なのか
オークションで売れなかったらインクを買い替えた意味がない

と思いながらマニュアルを見ると
プリンター本体ではなく
パソコンのコントロールパネルからだけできる横向きのギャップ調整があった
それをやってみたら
信じられないほど改善
a0025842_22382098.jpg

とは言っても
年賀はがきの印刷は全部横線入りで終わってる~

ただでさえ10円高い写真用はがきを
すべて手数料を払って交換する気にはならず
線は忘れることにして使用

最後に一般の光沢用紙に印刷したものはかなりキレイ
これならインク代くらいで売れるかな?
と期待している

でも…
本当はもう年賀状印刷したくないと思ってる

[PR]
# by room908 | 2017-01-04 23:49 | 日記 | Comments(0)

注射したのに

私の五十肩
ボルタレンでも痛みが治まらなかった

27日に忘年会があった
大みそかには実家に行かなくてはいけない
その前にスッキリしたかった

だから26日に病院に行き
意を決して注射をお願いした

実際は…
あまりに痛くなくて驚いた

針は細かったように思う
時間もあっという間
健康診断の血液検査より痛くないくらい

こんなんだったらもっと早く打っておくんだった

しかし…
先生は「薬が効くのに2-3日はかかります」
「ボルタレンがまだ2日分くらいあるでしょうから続けてください」
と言ったが
4日目の今日も痛い

しかも…
注射の後の会計で
薬の処方箋が出なかった

私の方から受付のお嬢さんに
「こういう注射するの初めてで 本当に効くかどうか心配で」
「正月休みもあるし お守りとして薬が欲しい」と訴えると
しばらくして処方箋が出た

今 もちろんその時の新しい薬を飲み始めている
私が言わなかったらどうなっていたことか

そうは言っても
薬もそんなに劇的には効いてないし
何より 1軒目の病院では
注射したら面白いように痛みが取れように言われたのに
なぜいつまでも痛いんだろう?

確かに打つ前より少しはましになってるかもしれない
でも横になった時に痛みが増す夜間痛は変わらないので
連続して熟睡できる時間が1-2時間延びた程度

今度の先生は注射の後
「2週間経っても痛かったら来て」
「痛みが取れたらもう来なくていいです」と言った

え…2週間我慢しろって?!

あぁまぁ…どうせ正月を挟むから
ほぼ2週間にはなっちゃうんだけどね
だったらなおさら積極的に薬出してくれるべきじゃない?

それともやっぱり私の肩は五十肩じゃないのではないか

…なぁ~んて
心配になっちゃうじゃないか
[PR]
# by room908 | 2016-12-30 15:12 | カナシイトキ | Comments(0)

赤レンガクリスマスマーケットの秘密

この時に感じた違和感
なんで3年前のような写真が撮れないのか

赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット
今年7回目だそう

つまり初めて行った3年前は4回目

その時の写真
a0025842_14323438.jpg

そして今年
a0025842_14303680.jpg
出店増えて~ら
人も増えてるんだろうね

今はゲートの真正面からじゃないと
『楽屋裏』みたいなところが写ってしまう
どうりで同じイメージどおりの画が撮れないはずだ。。。

【おまけ】
上の今年の写真に
流れ星のようなラインが写ってる
シャッタースピードは30秒
ここにアップするとサイズが小さくなっちゃうから見えないかも。。。

[PR]
# by room908 | 2016-12-30 14:42 | カメラのハナシ | Comments(0)

みなとみらい2016【全館点灯本番】

今年のみなとみらいのつづき

全館点灯の日の天気予報はよくならなかったので
前日にホテルはキャンセル
本来はキャンセル料がかかるタイミングだけど
そのまま連絡はなかった

予報どおり7時頃から雨が降ったら
撮影できる時間はほんの少し

結構な雨になる可能性を考えると
ホテルの窓からの撮影も難しくなる
それではただ『泊まりに行くだけ』になってしまう

それでも出かける時点で降っていなければ
とにかくこの目で全館点灯が普段とどれくらい違うのか見に行こうと思った

そうは言っても
行くかどうかわからないと油断して
カメラの充電を忘れていた

出かける前1時間で かろうじて2個の充電をして
慌てて出かける
「撮れるのはどうせ雨が降る前2-3時間しかない」と思ったし。。。

最寄駅から電車に乗った時
下見の土曜日よりも混んでいた

ぎゅうぎゅうというほどではないものの
お泊り用バッグをもう1つ持っていたら
左腕の自由が利かない今の状況ではチョット大変
やっぱり無理はできないとあらためて感じる

渋谷では前回と同じく 混雑した特急をやり過ごして
(実は馬車道には停まらないことに気付いていなかったのだが)
次の急行で座ることができた

今回は中華街の寄り道はせず
馬車道から万国橋へ直行

日没を30分後に控えて
そこそこ三脚が並んでいた

糸魚川で大火事があった日
横浜の強風もすごかったので
映りこみを期待する場所より
少しでも観覧車の近くに行こうと
『あるビル』の屋上へ

なんとそこには
マジメなカメラマンはまだ誰もいなかった
a0025842_14154267.jpg

日が暮れ始めて 少し撮っていたら
同世代と思しき男性カメラマンがそばに並んだ

「カメラのストラップ外した方がいいよ」と声をかけてくれた
強風にあおられて三脚にバシバシ当たってるのを見たからだ

お礼を言いながらそれを外す
#スゴイ大変だったが…

でもその人タメ口だけど
もしかして私より若いんじゃないかと

それともカメラ始めたばかりのおばさん何も知らないな~と思われたのかな?!
まぁどっちでもいいか。。。

そのうち
「観覧車動いてないね~たぶん風で…」
と言う

「あぁ…だからジェットコースターも?」と答えると
その人は地元の人らしく
「そうか!今日木曜だから遊園地お休みなんだ」と言った

どおりで…
観覧車以外の照明が付いてないから なんか味気ない

できるだけジェットコースターが入らない構図を狙う
a0025842_1335176.jpg
その男性は何度か話しかけてきたが
そのうち
「じゃあがんばってください!」と行ってしまった

待ちに待った出会いじゃなかった

2階から汽車道の方に下り
でもまた汽車道を歩くのを忘れて
アニヴェルセルの玄関前から観覧車の方に回ってしまった

運河越しに見る全館点灯の主役たち
a0025842_13525162.jpg
あまりオモシロイ画ではないな

みなとみらいまで歩いて
ケンタッキーでチョット休憩し
二駅電車で移動

大桟橋では自分が吹き飛ばされそうなくらいの風
もちろんスローシャッターではぶれてしまうので
下見の時に比べてあまりに寂しい画になってしまった

その時点で夜8時
天気予報に反して持ってるな~と思いながら
万国橋で締めくくろうと歩きだしたら
あまりのタイミングで雨が…
しかもそれなりに急に降ってきた

すぐに傘を広げ ワールドポータズへ避難
初志貫徹して撤収した

ウチに帰っても何もないし
傘をさして何かを買って帰るのも
肩手が自由にならない状態では難しい

食べて帰ったらそれだけ雨がひどくなる
しかも少し前にケンタッキーを食べてしまって
空腹はそれほどでもない
でもそれだけじゃ足りない
という究極の選択~

しかもその前日から
もしかして炎症に悪いかもしれないと思って
晩酌もやめている

三連休中ウチで掃除しかすることないのだから
やっぱり今ちゃんとした食事をしておかなくてはいけない
という結論に達した

下見の時に入ったKawaraという店の隣
LUXE(リュクスと読むのかな?)
同じようなカフェめしを出している
a0025842_14243079.jpg
このオムライスはもちろんなんだけど
サラダにかかったドレッシングがゲキウマ~
なんか柑橘系かな~?
フルーツっぽい味がする
油や塩分もちょうどよく
たいていのお店で「かかりすぎ」と思うのに
これはちょうどよかった

偶然なんだけど
ワールドポーターズでは
前回と同じトイレで 同じ閉店のアナウンスを聞いた

当然同じくらいの時間に帰宅

唯一違ったのは…
服がびしょぬれだったことだった~ぁ

来年はコスモワールドも営業してほしい
つづきはflickr で!

[PR]
# by room908 | 2016-12-25 14:27 | カメラのハナシ | Comments(0)