ウレシイトキ オイシイトキ ジャジ~なトキ

ブログトップ

雪の中の屋根なしバス

2月9日 都内で今シーズン初めて雪が降った日
最高気温1度149.png

スカイバスという屋根なしのバスで都内を走り
バスの車内から夜景を撮るという撮影ツアーに参加した

まず数日前から東京で積雪の予報が出ていたため
金曜日(前日)の時点で催行会社に電話した
その時の答えは「スカイバスではありませんが予定通りです」というもの

それが最後の情報だったので
通常のバスで移動という前提で服装を選んででかけた

お昼が軽かったのでおにぎりを買っていき
初めに行われる講習の教室前で食べようかと思っていたら
「飲食禁止です…」と言われた

仕方ない
後でバス車内でチャチャっと食べようと思い
添乗員さんに
「バス1人2席は変わらないですよね?」と聞くと
「はい」
…もちろん
「普通のバスでも?」という意味だったのだけど
わかってもらえなかったみたい

なんと講習の中で先生が
「今日の正午にスカイバスを出すか 普通のバスを出すか決める予定だった」
「予報がいい方に変わったので 今日はスカイバスです」
とおっしゃった

なんですと…146.png

地下の講習会場からバスに向かう途中で
添乗員さんか付き添いのスタッフの方かいずれかの口から
「今日は他のツアーバスは全部キャンセル、出るのはこの便だけ」という
自慢とも聞こえるような声を聞いた

あの寒空の中 スカイバスだけを出すという事実だけでもびっくりなのに
その後地上に上がって 実際に雪が降っているのを見てさらに驚いた150.png
結局直前のいい方の予報は外れていたのだった

スタッフは 我々がバスに向かうまでに
再び雪が降っていることを知らなかったのか?
それとも知っていたのにあえて伝えなかったのか?

本来であれば あの微妙な天気の中でスカイバスを出すことを決めたら
より注意深く天気をウォッチして 適切に情報共有すべきなのに
地下にいた私たちは何も教えてもらえなかった

もしそのことを地下を出る前に聞いていれば
せめて持ってきたゴアテックスのズボンを重ね履きしていた
地下では先生が支度をしながら「下はジーパンだけ」と話していたので
その時点でそこまで重装備をすることに対する気恥ずかしさもあり
履かないまま上がった

しかしどんなに装備をして乗っても
結果的にあの空模様の中であのバスが走っていたら
はたから見ておかしいよね135.png

書面でも『荒天時は通常のバスで運行する』という案内をもらっていたのに
なんで?!
初めてのスカイバス運用で
無理してでも出したいという意向が働いたのではないか?!

しかもスカイバスは飲食禁止ですと150.png
まぁもし禁止じゃなくても
みぞれ交じりの雪を浴びながらでは食べるのは無理だけどね137.png

バスに乗り込むと
まずはビニール製の雨合羽を渡され
すでに雪解け水でビショビショのシートに座った

隣の席に置いたリュックにも
もちろんカメラ本体にも自分自身にも…
ジャンジャン雪は降り注ぎ 車は一般道を走っていく

外の人からどんな風に見えるのか考えると
恥ずかしくて恥ずかしくて
無邪気にカメラを構える気にならなかった

そうは言っても
東京タワーに近づいて 無理やり何枚か撮影
でも窓越しではしずくがすごいし
空も灰色で あまりいい画は撮れない

東京タワーでは一度降車して
その後は小一時間乗りっぱなしの予定
あの天気の中ではそれ以上耐えられず
離脱しようと決断した

バスを降り 離脱を添乗員さんに伝えていたら
もう一人女性が近づいてきて
同じく離脱を申し出ていた

私だけじゃなかった…

前日にキャンセルを検討した時
前日と当日出発前のキャンセル料の違いは10%だから
当日の天気次第で考えようと思った

朝の予報は思ったより良かったけど
それは「スカイバスではない」という前提でそう思っただけ

当日にスカイバスと決まる可能性を知っていれば
正午にもう1度電話をして参加の再検討ができたのに。。。

もちろん正午の時点で雪がやんでいたことは事実
でも19時以降もう1度降るという予報は出ていた
その時間が前後する可能性や
そもそも例年よりかなり低かった気温のことを考慮すれば
スカイバス強行じゃないでしょ132.png

そういう情報はちゃんとくださいっ!
参加者には状況に応じて
適切なキャンセル料を払ってキャンセルする権利があるはず
今回の場合 こちらからも積極的に問い合わせたのに
そのチャンスが与えられなかったことが大変残念

撮影ツアーの参加者は当日に何を伝えても
「いい写真を撮るため」と言う大義名分のもとに
必ず従うと思いこんでるんだよね~

と クラブ〇ーリズムにクレームしたけど
回答はもらってない

あ…ちなみにその翌日に53歳になりました105.png

# by room908 | 2019-02-14 23:38 | ハズカシイトキ | Comments(0)

パソコンも買い替え大作戦(2)

その1のつづき

私のパソコンは過去にも
『そこそこハイスペック』を選んでる

はずなんだが…

壊れたdynabookの前のVAIOは今ここにある
5年前に父のパソコンが壊れた時
私がサポートする前提で
2年半使ったVAIOを5万円で譲った

1年ほど前(たぶん)
父が衰えてパソコンを使えなくなったので
処分するつもりで引き取った

ずっと眠ってたけど
今回dynabookがなくなったので
引っ張り出してきたのだけどこれがなんとも…119.png

実はこのVAIO
父が使っていた間に
Windows10無償アップグレードが実施されていた
もちろん父にその認識はないまま。。。

その後サポートしていただいたJCOMの人には
「高齢者にはよくあること」
「でもこのパソコンがハイスペックだったからよかった」
「アップグレードした途端に動かなくなることもある」
などと言われたんだけど
今改めて使ってみると全然動かない~141.png

メモリは4GBなので
Windows10の推奨最低メモリ数はクリアしてるはずなのに
ネットしてるだけでもイラつくことがある

その当時は『そこそこ』だったんだろうなぁ~110.png

で 次のそこそこパソコンを考える時 基準にしたのは
RAW現像がストレスなくできること

まず候補に挙がったのはマウスコンピューター
少し前からカメラ関連のネット記事などで
RAW現像に特化したモデルを出してることは見ていたから
次はそれを買おうと漠然と思ってた

ネットでRAW現像に最適なパソコンをググると
やっぱりそれが一番に出てくる

次にDellやThinkpad等のカスタマイズモデル
最低16GBのメモリや
それなりの速さのCPUときれいなディスプレイを組み合わせられるのは
そのあたりしかないそうだ

マウスの該当モデルの実機を東京で触れるのは
秋葉原のヨドバシだけ
年末休みに入った日 わざわざ行ったとさ。。。

実際にどのくらいサクサク動くかは『理論値』でしかわからないから
触って試すのは主にキーのうち安さ
だって一年中RAW現像やってるわけじゃないからね105.png

矢印キーがぎゅっと周りのキーに囲まれてるのは
そんなに気にならなかったが
Enterキーをなぜか『空振り』した

少し前に会社のパソコンが今風のものに変わった時にも思った
Enterが小さいっ135.png

スペックとコスパは一番いいのは確かなんだが
いろいろと調べてみたら
マウスってやっぱりちょっと『安いだけある』的なウワサも…?

即売モデルを買えばお正月に間に合ったけどそれはやめて
比較対象としてVAIOのカスタマイズの見積もりを取って帰った

さらにウチに帰って
ThinkpadのHPでもカスタマイズ

正月休み中にヨドバシに行き
Dellと比較して決めるつもりだったのだけど
Dellの人とは話すチャンスがなかった
元々チョット高いし。。。

Thinkpadの人はすごく詳しく説明してくれた
ディスプレイのRGB比のことを聞いてみたが
発表してないのでその人はわからないそう

三が日が明けてから
サポートに聞いて考えることもできたけど
マウスの店員さんと話した時
RGB比は結局そのパソコンの画面で見る時の設定であって
ネットにアップしたものを他のパソコンで見たり
プリンタに印刷するには関係ないと聞いたことを思い出し
このおじさん(Lenovoの人)との出会いを優先…110.png

と言ったら聞こえがいいが
結局優柔不断な私は
そのくらい割り切らないと
いつまでも調べるばかりで何も買えないと思ったのだ

店頭だとネット価格より安くしてくれると言われたので
その場でお買い上げ

納品まで最長4週間
それまで他の情報は探さないようにしているけど
今これを書きながらマウスのHPを見直したら
よく知ってる写真家先生が出てきて
聞いてみればよかったとチョット後悔?!

しかもEnterキーがそんなに小さくは見えないんだよね~117.png

まぁいっか
とにかく早く届かないかな~110.png

# by room908 | 2019-01-12 01:05 | カナシイトキ | Comments(0)

パソコンも買い替え大作戦(1)

壊れたパソコンを書いたのは4年前の今月
さらに1年前の2月に買った 私にとって2台目のdynabookが
満5年を待たずにまた壊れた

1年ほど前だったか キーが一つ取れた時に
ヨドバシの修理カウンターに持って行ったところ
キーボード全とっかえになるから
2万円くらいしそうと言われて
たった1個のキーのために2万は出せないと
ギリギリまで我慢することにした

そのうちWindowsが強制終了したり
画面がおかしくなる現象がたまにあって
もしかして近いうちに壊れるかもしれないと思ってはいたので
こまめにバックアップを取りながら使っていた

先月のある朝 使っている最中に
画面が四隅から小さくなっていく昔のブラウン管テレビみたいに(?)
真っ黒になってしまった131.png

これじゃ個人情報消したりもできないな~
困ったな~と思いながら折りたたんで会社へ

帰宅して開いてみるとあら不思議…113.png
画面はいつも通り表示された

慌てていろんなファイルを消したりしていたら
そのうちまた消えた135.png

修理に出す前
電話で症状を伝えた時
「閉じてから開くと正しく表示されるので
接触が悪いだけだとしたら修理代は2万円くらいになるかも」
と言われた
そのレベルならGOのつもりだった

数日後出てきた見積もりは56000円!
なんですと~149.png

接触のケーブル以外にメイン基板の交換が必須
合わせて『必須ではない』としながらも
例のキーボードの全とっかえも入ってた

メイン基板というものが24000円もする
修理しないで引き取ると6000円くらい取られる

一方でWindows7を使い続けていたから
サポート終了まで約1年
せめてそれまでの応急処置と考えていただけに
あと1年で捨てるかもしれないものに24000円のアップは痛い

もう1度修理担当に電話して
メイン基板を交換せずにケーブルだけ交換したら
使い続けられるのかとかいろいろ聞きながら
文句を言いまくった105.png

前回壊れた時のブログを読み返すと
だいたい同じことを言ってる
例えば
・10ウン万もした国内メーカーのパソコンが
 5年以内に(前回は『1年以内に』)壊れるなんてっ!
・省スぺースのためにノートパソコン買ってるだけで
 ほとんど外に持ち出してないのにっ!!
などなど。。。

だいたいこの故障の原因として考えられるのは何なのか?
と聞いてみたところ
埃の可能性が高いというようなことを言われた
室内に置いていても
そばで掃除機かけたりする時にはどこかに片付けろってこと?!

合わせて
すでに東芝のイメージは(スキャンダルなどの理由で)下がってるから
次は他社製を買おうと思ってると率直に伝えた

そしたら
今回はご迷惑をおかけしたので
もし修理をしないことにしたら6000円の支払いは結構です
と言われた

いや…私は何も要求してないよね128.png

もしそうなら修理はやめようと決めた

じゃあ次のパソコンは何にしよう?

つづく

# by room908 | 2019-01-09 00:36 | カナシイトキ | Comments(0)

両親の誕生日

3年ほど前から 父は要介護認定を受けていた

母はまだ元気だけど
父を世話するために自分の好きなことは全部やめた

一度は終日監視が必要だったり
食事も子供みたいにこぼすので 前掛けをつけたりしてたが
徐々に回復していたので
最近ではそんなに気にしていなかった

12月中旬の金曜の夜
11時台のお風呂にいた間に
携帯に実家からの着信履歴が。。。

何事かと折り返したら 出たのはなんと父親146.png
夫婦で1台しかない携帯を
最近では父が自ら使うことはほとんどないから驚いた

「お母さんがお腹が痛いと言ったので救急車を呼んだ」と告げられた
声に力がなかったのは 静かな救急病院だったからか…
「まだ検査の最中だけど たいしたことはないだろうと言われた」とのこと

とりあえず 実家の近くに住んでる弟がかけつけたとわかったので
その夜は任せて 翌朝電話で事情を聞き
夕方病院経由で実家へ向かった

その土曜と日曜の夜は 父の見守りのために実家で過ごしたが
肩が動かなくて着替えの補助が要る以外
最低限のことはなんとか自分でやっていた
日中には一人で留守番もしたし
自分から掃除機をかけたり
歩いて病院の母を見舞ったりもできた

数日後 母が退院
検査結果に深刻なものはなく一安心
しいて言えば原因はストレスか疲労だろうと推測できた
だとするとそれは介護のせいかも…?

母の入院中 父が
「このままお母さんポックリ逝ったら困るな~ってちらっと考えた」
と苦笑いしながら言ってたけど
本人だけでなく
子どもたちも同じ気持ちなので119.png
今後はもう少し母の負担を減らさないといけないと
考えていた矢先。。。

クリスマスイブの昼頃のこと
弟からの電話で
「今度はお父さんが入院した」と聞いた

あんなにしっかりしてたのに…131.png

その日は2019年のお正月に軽く書いたとおり
コンテストに出す写真の印刷が佳境に入っていた

本当は1週前に進めているはずだったけれど
母の入院のせいで実家を往復したから
そんな時間はなくなって。。。

応募の締め切りが翌日に迫っていた
そのことを母や弟に伝えたわけではないけれど
「今来てもあまり意味がない」という反応だったので
その日は2人に任せることにして
無事 ギリギリ締め切り当日に投函117.png

翌日の仕事帰りに父の様子を見に行くつもりだったけど
母から仕事中に電話が入り
「暗くなってからなら来ない方がいい」と言って泣いた
直後は呆けや麻痺がかなりひどかったみたいで
落ち込んでいた

でもその翌日にはだいぶ回復したと連絡が…103.png

結局倒れてから3日後
すでに年末の休暇を予定していた日中に行ってみた

リハビリも始まっていたし
担当医とケースワーカーが病状や今後の予定を説明してくれて
チョット安心した一方で
先は長そうだ…というのが率直な感想

年末年始休暇中はほぼ1‐2日おきに病院を尋ねた
まだまだ何言ってるかわかんないことも多いが119.png
元々おじいちゃんだからね。。。

三ヶ日が終わるまで
水も飲ませてもらえずにいたけど
4日には休み明けの先生が許可を出したとのこと

昨日5日は84歳の誕生日を迎えて←つまり年男147.png
母が差し入れたコーヒーゼリーを喜んで食べたそう
それを話している母がもっと喜んでいた

あとは日常生活に向けて
本格的なリハビリを始まるのを待つばかり

ちなみに…
うちの両親は2人とも正月が誕生日
母は2日なので いつも忘れてしまうけど
今年は1日遅れながら
父の見舞いの帰りにちょっとだけ外食
もちろん父には内緒で110.png

例年大晦日1泊だけの里帰りだけど
今年は母一人なのでもう少し出入りがあった方がよいかと思い
その夜はもう1度実家に泊まった

胃が万全ではない母は
ケーキを食べたがらないので
わらび餅を持って行った
a0025842_11431577.jpg
黒豆わらび餅
だから黒い…!

いつまでも元気で長生きしてほしいわ109.png

# by room908 | 2019-01-06 11:55 | ビミョ~なトキ | Comments(0)

2019年のお正月

あけましておめでとうございます

今年は去年より早くこれを書いてるけど
毎年 去年のお正月 をリンクしてるんだなぁ…105.png

今年の場合 ちょっと違う

まず 今気づいたのだけど
12月上旬に『長かったプリンタ購入までの道のり』という内容を下書きして
アップし忘れていた119.png
つまり プリンタはやっと買うことができたのだった

去年の去年 にもあるように
1年以上前 カメラがCanonだったから
プリンタもCanonへの買い替えを検討した
置き場所の問題で断念してから
去年の年賀状も買わずにしのいだけれど
去年の夏にカメラ📷をオリンパスに買い替えたのを機に
使い慣れたEPSONのプリンタを6色インクモデルに買い替え
しかも 最新機種とスペックが変わらない1年前の機種を
そこそこ安値で113.png

今回の買い替えは 年賀状のためというより
秋に参加した美瑛のツアーで撮った写真をコンテストに出すためだった

これまでプリントが必須のコンテストは避けていた
お店でプリントしても
自分の思い通りにならないことが多いしね。。。

美瑛では 旅行から戻った翌週末が締め切りの
別のコンテストも案内されてて(両方とも自治体主催のもの)
ツアーで知り合った参加者は頑張って応募していた

私は元々『頑張り屋』じゃないし119.png
RAW現像してから出したかったので
最初からあきらめてた

だからもう1つ締め切りに余裕のあるコンテストには
参加の記念にぜひ応募したかったのだった

その応募は12月25日の締め切りギリギリに済ませることができたが…
それがなぜかは改めて書こう(いつ?!)

そのコンテストの応募が遅れたせいで
年賀状の方はやっぱり去年と同じく
昨日の箱根駅伝を見ながらの作成になった

しかも今年は素材を探していたら
EPSONの会員限定のものをたまたま見つけた
いつものようにWordで自力で素材を組み合わせるのではなく
EPSONが提供するWebアプリを使わないといけないものだった

まぁ試してみようと 最低限のものを完成させて
元日に届いた6通は昨日のうちに返信

ところが…予感は的中
指定のWebアプリを起動して
紙に印刷することしか選べなかった

毎年ここにアップしてるデータが作れない150.png

しょうがないなぁ。。。
SNSバージョンのためだけに
紙に印刷してスキャン135.png
a0025842_12054089.jpg
だからぼ~んやりしてしまった134.png

来年はお正月になってからでも
これまでどおりWordで作ろう

その他に今年の抱負はあるかな?

いつものようにあまりない。。。

今年もよろしくお願いします162.png

# by room908 | 2019-01-03 12:17 | 日記 | Comments(0)

10月は写真月間

やっぱりまたこんなに時間が経ってしまった105.png

10月は夏休み月間
同僚の退職の後 私たちにも新しい仕事が降ってきて
とても休める状況ではなかったから
この月には2回の旅行をいれてみた128.png

最初は14日からの1泊で福島裏磐梯へ
磐梯吾妻スカイラインの紅葉がメインのツアーだったのだが
吾妻山の噴火警戒のため 道路が閉鎖になり
直前に安達太良渓谷に変更になった
キャンセルもできたのだけど
新しいカメラと早く旅したかったから参加

全般的に天気が悪く
紅葉にも微妙に早かったから
あまりいい写真は撮れなかったけどね。。。

そんな中でも1日目の夕日撮影
15時台には猪苗代湖に着いた

湖を見渡すドライブインの前が撮影場所
最初は『浜』に出てセッティングしたけど
天気予報は回復傾向にあったにも関わらず
パラパラと降りだした雨がどんどんひどくなった

建物の前には雨よけの屋根が付いていたので
三脚ごとその下に引っこんでじっと待った
そういう参加者が他にも並んでいた一方で
結構な人数が機材を片づけてバスで待ってたらしい

そのうちの1人のおじさんが身一つでうろうろと近くに来て
「ここで晴れるのを待ってるの?」というようなことを聞いてきた
(言葉は忘れてしまった)
嫌な感じではなく お互い手持無沙汰だから声かけてみただけ
まさか雨が止むと思ってるわけじゃないよね?という
素朴な疑問をぶつけただけという風に聞こえた

私も「時間はあるんだし 窮屈な場所でじっと待つのが嫌なだけですよ」
と素朴に答えた

しばらくして…急に雨が弱くなり
湖の向こう側の山の上だけ雲が取れてきたではないか146.png
a0025842_09375825.jpg
太陽が顔を出したことを
添乗員さんが走ってバスに知らせに行った
休んでた人たちは慌ててカメラだけ持って戻ってきたけど
夕景は三脚無しではうまく撮れないのだ109.png

あきらめなくてよかった?!
さっきのおじさん今頃後悔してるだろうな~128.png
と思いながらシャッターを切った

その添乗員さんは2度目だったけど
これまで会った中で断トツにいい添乗員さん
手違いでバスの座席が足りなくなり
しばらく隣に座ったけれど お話も楽しかった
仕事が大好きでホスピタリティーにあふれた女性

講師の武藤裕也先生とも最後にFBで繋がることができて
結果的には参加してよかった
その他の写真は裏磐梯のflickr109.png

翌週には北海道美瑛町へ出発113.png
これは私にとって5回目の美瑛
写真を始めてからなので年1回ペース
これほどリピートしてる場所は他にはない

今回参加するのは夏にみつけた美瑛町主催の撮影ツアーで
現地在住の阿部俊一先生が講師

4年前に初めて美瑛に行った時
北西の丘の先生のギャラリーで絵葉書を数枚購入して
店員さん(実は奥様とわかった!)と少しお話した

1年前に阿部先生が東京で写真展を開催した時には
先生と対面してご挨拶できたので
ぜひお会いしたくて参加した

昼過ぎに旭川空港に着けばよかったのに
貧乏性の私はだいぶ前から朝の便を予約105.png
2年前に立ち寄った名前のない場所にもう1度行こうと計画
…でも雨降っちゃったので
予定を切り上げて前に入れなかったあるうのぱいんでランチ
a0025842_11174513.jpg
食べ終わる頃には雨がやみ
集合のため レンタカーでもう1度空港に戻る
美瑛の街では返却できないからね119.png

今回はなんと贅沢な参加者たった6人のツアー
3月の美瑛富良野ツアーが5人で
他がほとんど個人参加のおじ(い)さんだったので
正直チョット居心地悪かったんだけど
今回の集合場所で挨拶した女性は明らかに私より若い126.png

しかも彼女はコミュニケーション能力相当高いと見え
私の聞いたことない(はずの)苗字もすぐに覚えてどんどん話しかけてくる
もう1人の楽しいお姉様と2人参加で
みんなを盛り上げてくれたので
一人参加だったことを忘れて過ごすことができた
ありがとう113.png

あとの3人も元々知り合い同士の夫婦+1
先生もとてもきさくな方で みんな和気あいあい

阿部先生の撮影スタイルは
上に書いた「あきらめない」とは正反対?!
曇ったら光を探しにアグレッシブに動くスタイル
もちろんこれだけ少人数だし
きっとクラツーより柔軟に行程を変えられるのだろう
普通のツアーではそんなに自由にできないのもわかるけどね。。。

その結果の写真がこれかな?!
a0025842_11004279.jpg
美瑛町の旅程では毎朝9時出発で
「早朝撮影はありません」と明記されていたのに
実際には先生がボランティアで(?)早朝撮影を実施
2泊とも4時起きはちとつらかったけど
一人じゃ絶対に行かれないところに連れて行ってもらったし
初日に雨が降ってうまく撮れなかったところにも行ってくれたよ113.png
a0025842_11284579.jpg
最終日も14時に解散のところ
夕景まで自転車で動く予定をしていたら
先生がもうちょっと撮影するからと誘ってくださった

2人組のカメラ女子には東京での再会を祈ってバイバイし
充実した3日間を終えて札幌へ移動

札幌の友達に久しぶりに会いたかったし
北大のイチョウ並木を夜明け前から撮りたくて行ったのだけど
朝を迎えるまでに大雨が降りだした
早朝撮影は断念して
3日間の疲れを取るべく長めに休息152.png

泊ったのは朝食ビュッフェが有名なホテルなのだが
9時に下りたらなんと長蛇の列146.png
全員が宿泊者なのかな?
もちろん外国語は飛び交っていた

部屋に戻って先に支度することも考えたけれど
外から来る人がいるなら
遅く行った方が列が長くなるんじゃないかと推測して
そのまま並んだ

待つこと30分…まあすごい料理の数々
a0025842_13080736.jpg
a0025842_13083701.jpg
a0025842_13085056.jpg
食べてる途中には警報まで出る始末
(食べ過ぎ警報?じゃなくて大雨警報ね)
おかげでこんなにたくさんのものをゆっくり食べた

食べ終わったら列は短くなってた
なんだ…じゃあずらしてくればよかったな119.png

11時にチェックアウトしてもしばらく降り続いたので
ロビーで時間をつぶしたけれど
30分後に突然弱くなったのでとにかく出発した

友達と駅ナカで落ち合い
ランチ(友達だけ105.png )してる間に完全に晴れてきて
北大行って お茶して…
a0025842_13265172.jpg
中島公園にも行きたかったけど日が落ち始めたので
予定外に得意の根室花まるで早めのディナー
a0025842_13333828.jpg
北海道ならではのとろにしんや八角をつまんで
幸せな気分で帰京した110.png

その他の写真は美瑛のflickr札幌のflickr109.png

# by room908 | 2018-12-09 13:52 | タビスルトキ | Comments(0)

4ヶ月の間にあったこと【9月まで】

7月に最後の投稿をしたきり
4ヶ月も経ってしまった

先日美瑛に行った日の朝の様子を
自分の備忘録として携帯からアップしたが
タイポもいっぱいあってイマイチだったね105.png

なぜこんなに書かなかったのかな…?
8月はほとんど出かけないし
そんなに忙しくはないはずなんだけど。。。

そう言えばちょうどその頃
カメラをオリンパス OMD EM-1 MarkⅡに買い替えた
これに決めた経緯は
カメラ買い換え大作戦で!
でも 値下がりを3ヶ月も待ってたなんてケチだわ~アタシ129.png

それでもそんなに大きくは下がってなかったので
中古を見ようと マップカメラへ
そしたらその週末限定で
新品がその時の価格.comの最安値相当で売ってるのを見つけて即買い

レンズは決まらなかったので
1週間後にオリンパス12-100mmをレンタル
暑さの中 有休取って3日連続で撮り歩いた

都庁展望台から
a0025842_00463766.jpg
すごい人だった

清瀬ひまわりフェスティバル
a0025842_00471629.jpg

ここもすごい人
暑かった~っ!

小石川後楽園
a0025842_00474941.jpg

次の週末はライカ12-60mmと三脚を持ってお台場へ
都内の撮影で三脚持参は初めて109.png
a0025842_00562903.jpg
まぁ夜景目的だから仕方ないよね。。。

ライカの方が軽いし
オリンパスは望遠ズームと焦点距離のかぶりが多いので
標準ズームはライカにしたかったんだけど
本体の熱が気になった

オリンパスではどうだったか思い出せない119.png

安い買い物じゃないから見極めたかった
しかたなくもう1回ずつオリンパスとライカをレンタル
a0025842_01180793.jpg
まずはゲートブリッジ

次に工場夜景の日帰りツアー
a0025842_01223263.jpg
本体が熱を持つのはどちらも大なり小なりあったけど
やっぱりオリンパス同志の方が相性がいいような気がして
1ヶ月以上経って やっとオリンパスの方を買った
今度は中古で。。。
a0025842_01295226.jpg

こうやって振り返ってみると
いつもなら出かけない夏に
新しいカメラに少しでも早く慣れたくて
頻繁に近所をウロウロしていたことは事実

それがブログ書けなかった理由かもしれない

10月はまたの機会に

…っていつになるかな127.png

# by room908 | 2018-11-18 01:34 | 日記 | Comments(0)

晩秋の美瑛へ【出発】

平日朝6時13分の井の頭線
以前の記憶に比べると空いていた
もちろん座れはしない
向こうはだいぶ寒いだろうけど
出発はパーカーで
それでも汗かいてる💦

乗り換えはプランどおり
山手線は立つ人がまばらという程度
スーツケースを送ったので
久しぶりに京急で羽田空港へ
JALは最後尾に乗るといい
と 今調べた

京急では羽田空港行きの列に並んでも
快特には乗らない人がいるんだな。。。
あ…ホントに空港直行なんだ?!
そんなも昔はなかったから
知らなかったぁ〜105.png

空港でゆっくりできるタイミングではなく
ラウンジでジュース🍹一杯のんで
定刻にテイクオフ✈️

出発だけ生中継状態110.png

# by room908 | 2018-10-24 06:29 | タビスルトキ | Comments(0)

今度は同僚の退職

上司の退職を受けて
7月1日に新体制が発表されると思っていた

ところがそこでわかった事実は驚きの…
あと3名の後追い退職だった149.png

給与計算を管理している3人チームが
マネージャーとメンバーまとめて全員辞める宣言をした

あり得ない…150.png
メンバーの一人が転職を理由に退職届を出したのが
たまたま前部長の退職と同じタイミングになってしまった
という状況はやむを得ないとしても
その届を受け取ったマネージャーは
すぐに新部長には知らせず
自分も同時に辞めることを決めた上で
なんと…もう1人のメンバーに先に伝えたそう

ただでさえ業務が回っていなかったそのチーム
とり残されたくないその女子社員までが
同時に身を引く決意をした

発表の時には「転職が決まったから」という理由になっていたけど
全員がそうでないことは推測できた
だってそれぞれ有休の残数も次の会社の入社日も違うはずなのに
あえて最終出社日を全員今月末に合わせるって
クーデターとしか考えられないじゃん?!

少なくともマネージャーは最後まで残って残務整理すべき
有休なんて返上すべき
その責任感も捨てたようだけどな。。。

最後の女性社員はグルだと思われて平気なのかな?
長く同僚として働いたし
そのチームマネージャーのマネジメントには
私と同様に疑問を持っているようにも見えたので
なぜ後を追うのか理解できない
残念とかがっかりとかいうレベルを超えた落胆120.png

給与計算は外注しているとは言え
チェックは社内になくてはいけない機能
最低限それができる派遣スタッフを募集したら
労務管理をほとんど経験しているようなベテランの方が入ってくれて
急ピッチで引き継ぎしてくださっている

『後足で砂をかける』ってまさにこのことなのに
本人たちはいたってヘーキにしてる133.png
裏では新部長も私たちもカンカンなのに
どういう心臓の持ち主なのか?

…とこれだけ言ったからには
私の転職は少し時間を置かざるを得なくなってきた
まぁどうせ簡単にはかなわないから
取り越し苦労なんだけどね119.png


# by room908 | 2018-07-22 16:29 | ビミョ~なトキ | Comments(0)

上司の退職

去年書いた尊敬できない上司
1年半前に 前の人事部長が定年退職したのを機に就任した

昨年末のパフォーマンス評価では
私の評価はそのBさん(前の投稿に合わせてそう呼ぶ)によって下げられた
会社が相対評価を導入しているせいで
実際の数字を操作せざるを得ない
そのターゲットになった

私はできるだけ静かにやり過ごすことを選んだ
上司が変われば評価も変わる
そう自分に言い聞かせた

のちに別の同僚に聞いたところによると
前の上司のAさんはBさんについて
『ポテンシャルプロモーション』と言っていたそう
ポテンシャルは『可能性』
プロモーションは『昇格』
つまり『将来の成長を期待して』ということだ

でも…
Aさんが(当然)Bさんと入れ替わりにいなくなり
その後 去年の夏に社長も交代した
新社長も同じように成長を待とうとしたのだろうか?

すると今年の4月 Bさんが私たちに発表した
「社長と自分の中間で 自分の上司になる社員が入社する」
「自分も知らなかった」
とのこと。。。

そして2週間ほど前
彼の退職が突然発表された
体調不良による自主退職だそう

実はその少し前から
彼が部長就任前のもっと穏やかだった頃に戻ったように感じてた
「なんかいいことでもあったのかな」
「機嫌いいな~」と思っていたのだった
今思えば 心を決めてすっきりしていたのだろう

Bさんも上司が変わって ツライ思いをしてたのかな?
私も上司がBさんに変わって転職を考え始めたから
奇しくも同じ立場にいたということになる

とは言っても
私は年長者として
彼が入社した頃から見てきて
この結果に同情はしてない
私の見解が間違いではなかったと
証明された気がする

ただ これで自分が転職しなくて済んだとは思ってない
また上司が変わるんだから
何が起こるかわからないよね

でも1年半前から意識している転職は
ほとんど話が進まない
年齢と人事経験年数のアンバランスが原因だろう

明日から新体制
新しい上司から朝一番で発表があるそう
チョット楽しみ
チョットコワイ119.png

# by room908 | 2018-07-01 21:31 | ビミョ~なトキ | Comments(0)