人気ブログランキング |

ウレシイトキ オイシイトキ ジャジ~なトキ

ブログトップ

ドックで胃カメラ

2週前の人間ドックで胃カメラを受けた

実は初めてではなく
ここには書いていないが 去年一度受けている

そもそもの始まりはおととし6月
五十肩の症状で 左腕が痛かった時
体を支える自信がなくて
ドックのバリウム検査をパス

「自覚症状はないけど このまま1回休みでいいですか」と医師に聞いたら
「いいとは言えません」と。。。
年に一度受けていても その間にがんにかかる人はいる
症状がないからと言って 2年空けることは勧められなかった

まぁごもっとも130.png

腕が痛いならカメラにするなど 考えた方がいいと言われた

その後 区の胃がん検診の対象者になっていることがわかり
カメラを選んでも追加料金は1000円
これならと思って去年1月の予約を入れた

胃カメラはずっと前から苦痛を伴うと聞いてたし
以前 声帯ポリープの時に
喉のカメラを経口では「反射が強すぎ」て入れられなくて
いつも経鼻でやってもらっていたことを考え
胃カメラも経鼻でできる施設を探した

5000円程度の追加料金で麻酔+経口でもできると
当日確認されたけれど
どれだけ痛いのかわからなくては決められないので
「今回は経鼻で受けてみる」ことにした

実際は…
カメラが鼻を通り抜ける時に痛い
抜けてしまえばいったんは落ち着くけど
検査中ずっと唾を外に流し続けるのもツライ143.png

抜く時ももちろんだったが
結局は終わった後も30分以上 少量の鼻血が止まらず
鼻の奥と喉がヒリヒリする
しばらく休んでから撤収

土曜の午前だったので
その後悪化する可能性を考えて
痛み止めを処方してもらった
普通は薬は出さないと言われたけどね…140.png

結果は後日出直してもらった
ピロリ菌感染の可能性と胃炎があるそう

そして 次に胃カメラを受ける際は
麻酔+経口をお勧めすると。。。
私の鼻の孔は平均より細いんだって
確かにね…鼻そのものが低くて小さいんだよね119.png

その後 ピロリ菌の除菌をしないなら
胃がん検診は必ずカメラで受ける方がよいとネットで読んだから
去年6月のドックでもカメラに変更したかったんだけど
予約がだいぶ先になってしまうと聞いて断念
左腕も回復したので
仕方なくいつも通りバリウムを飲んでおいた

そのバリウムの時点では
胃がんを見つけるためとしか考えていなかったんだけど。。。

ちょうど同じ頃の5月から6月にかけて
その1年ほど前から感じていた喉の違和感について
東京医大病院の耳鼻科と呼吸器内科で精密検査を受けていたのだが
通院の前後に見たテレビで
その原因が胃酸の逆流じゃない?と疑い始めた
紹介された症状が私ととっても似ていたのだ147.png

先生も可能性はあると言ったけど
「それは胃カメラを受けないとわからない」とのこと
このまま東京医大に通院を続けるのは難しいので
胃カメラのある町医者に行くように言われた

でもどの医者に行けばいいのかわからないし
その数か月前には胃カメラを受けているのに
逆流の『ぎゃ』の字も出てこなかった事実を考えると
わざわざ行っても結局『シロ』と出て
やっぱり原因はわかりませんってことになるんじゃないか…
と億劫になってしまった

その後耳鼻科のクリニックに戻って
胃酸を抑える薬をもらったら症状が改善したしね。。。

もたもたしているうちに年が明けて
今年のドックの案内メールが検診機関から届いた
もうこのままドックを早めに予約して
それで済ませちゃおうということにした

毎年受けている6月ではすでに予約いっぱいだったけど
(2月に電話したのに!)
かろうじて7月に胃カメラを取れたので
今月めでたく 人生2度目の胃カメラを飲むことになった110.png

もちろん追加料金がかかっても麻酔でお願いした

ただし 麻酔のかかり方には個人差があり
必ずしも何も知らない間に終わるとは限らないと言われた

ちなみに後日リサーチの結果
ここで言う『麻酔』は
実際はセデーション(鎮静)と言って
全身麻酔と同種の薬を 少な目に投与すること
だから完全に眠らせることを保証しないらしい

最初に喉の部分麻酔のニガ~い薬だけ
口に含まなくてはいけないのはツラかった122.png

「飲まないで」と言われても…
味が最悪だし 唾も何も飲まないままは待てなくて
横になって間もなく飲んでしまった

「のんじゃった!」と言ったら
「のんじゃった?まあ大丈夫」と言われた111.png

その後は点滴を打たれたところまでしか覚えてなくて
何をきっかけに目が覚めたかもわからない

起きてすぐ隣の椅子に座り直して
先生に「意識ありましたか?」と聞かれて
全然ないと答えた

その場で出た結果は
「逆流はありません」
やっぱりね。。。

目覚める前によだれをきれいに拭いてもらったのか
そもそも麻酔でやればよだれが出ないものなのかわからないけど
1年半前に経鼻で受けた時と比べて
顔が全然汚れてなかった

そのままソファに横になってもうひと眠り152.png
やっぱり来年もこれでお願いしようと思った
バリウムより楽ちん

とは言え
引き続き胃炎はあるし
今回はエコーで脾臓ってとこにも『疑い』がかけられたので
来週は消化器内科に行ってこようと思ってます

脾臓って何?!
先にネットでは調べないことにした
無駄に心配になるといけないから。。。

# by room908 | 2019-07-21 16:01 | 日記 | Comments(0)

房総のダイヤモンド

いろいろあって お疲れモード135.png

もう1ヶ月も前になるけど
館山に行ってきた

なぜならちょうどその近辺で
ダイヤモンド富士が見えるという情報を得たから

近場だから
週刊天気が出てから手配
どうせなら翌朝の朝日も狙おうと
高速バスとリゾートホテルを予約していざ出発

バスは館山行き
途中のバス停で降車も考えたが
結果的には止まったバス停すべて
その後の車がなければ動けない場所
木更津は手前すぎるし…
(後から木更津も駅からかなり離れてることがわかった)

でも枇杷倶楽部というバス停は
道の駅っぽくなってて
本当は降りてみたかった
帰りに車で行ってみてもよかったかも。。。

館山についたら
海に向かってまっすぐに伸びた道路の両脇にヤシの木
南国感満載で興奮113.png

早速駅前で車を借りて
まずはランチ場所へGo
a0025842_15342687.jpg
夜はお寿司屋さんに行こうと思っていたので
ここで海鮮系はパスして
なんと伊勢えびカレー146.png
a0025842_11351458.jpg
ちょっと食べにくかったがカレーが濃い
ルーが多い162.png
普通私が外でカレーを食べると必ずご飯があまるところ
これはルーの方が余った

外のデッキからの眺め
a0025842_12010606.jpg
江川海岸や原岡海岸まで足を延ばさなかったことは
チョット残念

まず太陽が高い間
翌朝の撮影場所をロケハンするつもりで
半島の反対側へ向かう

途中の道沿いになんと
私と同じ名前の日本料理屋さんがあった129.png
育った4人家族以外に会ったことのなかった苗字

実は結構前に
東京で同じ名前の呉服屋を見つけた時に
『エゴサーチ』して105.png
この料理屋さんのことは知ってたけど
まさか偶然通りかかることになるとは
夢にも思っていなかった

結構老舗みたいだなぁ…
営業中だったらご挨拶したいくらいだった

出発前にこの店のことを思い出していたら
ランチに直行することもできたと思うとチョット惜しい112.png

気を取り直して
千倉町の瀬戸浜海水浴場をチェック
駐車場は停めやすくて 人も少ない
方角的には何も障害物なく
海から登る朝日を撮影できそうだ

次は南千倉海水浴場のつもりだったが
駐車場の入り口がわからないまま道が内陸側にカーブして
通り過ぎてしまったみたい
最悪帰りにもう1度見られるので
そのまま道の駅ちくらに向かった

道の駅ちくらはある程度観光地っぽい
引退した船が展示されていたりして
一番画になるかもしれないけど
朝日の方角は微妙だ
でもホテルからの距離は断然近く
(4時には出ないといけないので)
船を絡めなければギリギリ海から登る朝日は撮れそうなので
翌朝はここにすると判断

南千倉には寄らずに
元いた館山側に戻った

この辺で初めて知ることになるが
館山市は南房総市に三方囲まれてるんだね110.png
だから半島の反対側も
その夜停まる南端も
なおかつ バスを降りた館山駅から北上しても
どこも南房総市なのであった

豆知識はさておき
次に向かったのは沖ノ島公園
元々逆光だとはわかってたので
さくっと退散したけど
そこでゆるキャラ発見
a0025842_13221950.jpg
一緒にいた係員チックな人が
観光客に説明しながら歩いていたよ

これはもう撤収する寸前で
車に戻ろうとしていたところ

調べてみたら千葉県のキャラ『ちーばくん』のよう104.png

さて
この日のメインイベント ダイヤモンド富士でございます
撮影スポットは洲崎(すのさき)灯台

館山駅を出る前に観光案内所で
今日のダイヤモンドがそのあたりかもしれないという点と
灯台に上るしか撮影スポットがないのかどうかを聞いたら
「灯台に上るしかない」と言われた

ネットで調べたとおり
灯台のふもとの民家が庭先で経営している駐車場に車を停めて
とにかく上がってみたが
とても小さいスペース
一部展望台としてやぐら状のものが作られていたけど
その前には草木がボーボーに茂っていて
隙間から遠くを覗く形でしか撮れない

しかも午後はずっと空が霞んでいて
富士山が見えないため
事前に場所のあたりを付けることは困難
周りを見渡していると
その方角のはるか下界に公園のようなものが見えた

マップで調べてみたらお台場海浜庭園という場所だった
海が目の前に開けた崖の上
つまりそこまで降りて広角で狙った方がいいと判断

駐車場まで戻ると 民家のおじさんが出てきて
どうしたの?という顔をしていたので
海浜庭園ってとこに行きたいと言ったら
このまま表玄関(?)から入ると入場料をとられるから
裏道から歩いて入った方がいいと言われて道を教えてくれた

暗くなった後のことを考えるとチョット心配だったけど
「日が沈んでもすぐに暗くなるわけじゃないし」と
おじさんはいたって普通にしていたので
その道を行ってみることにした

確かに自然と浜から庭園に入れるようにはなってる
キャンパーはそんなにいなかった
そのうち一組の車の近くに陣取り
日没を待ったら 案の定富士山が見えてきた
チョットずれてたし かすみは取れなかったけど
最後の1時間はあっという間
a0025842_14420112.jpg
さて…
やっぱり沈んだ後のグラデーションも見てみたくて
しばらく滞在したら
結構暗くなってしまったよ おじさん!

帰り道大丈夫かな~?
案の定 一部ちょっとした林を通り抜ける箇所があって
懐中電灯を振り回し 歌いながら走り抜けた128.png

車に戻ったら おじさんが窓を開けてこっちを見た

そりゃそーだよね
このまま私の車が残ったらそれこそ捜索願だわさ。。。

トイレ行きたい…
集落の終わりのあたりにちゃんと観光客用のトイレがあったので寄って
今度はゴハンを食べるところを探そう
途中でもう1度トイレに行きたくなって(チョット緊急!)
スーパーに寄り道してスッキリしてから
食べログでチェックしておいたお寿司屋さんの引き戸をくぐった

うげーっ148.png誰もいないや~

でももう仕方ない
いいですか?と確認してカウンターに座る
メニューも決めておいた地魚にぎり8貫
車だという言い訳ができるのでお茶で。。。

1貫ずつ握って出してくれて
マンツーマンだから30分くらいで食べ終わった

大将がシャイな人だったからタイヘン
こっちがたまーに気ぃ使って魚について質問したりして…
「白身魚が多いんですね」と言ったら
「魚って白身がほとんどなんです」だとーっ103.png
確かにね…まぐろとカツオくらいだそう

チョットぎこちない
けどおいしかったゴハンが終わり
デザートはゆっくり食べようと
行きに寄ったスーパーでちょっとしたものを買ってホテルへ向かった

白浜オーシャンリゾート
じゃらんポイントが多めにもらえるプランがたまたまトリプルだったので
あえて割安だったトリプルを予約
a0025842_15380995.jpg
温泉のはずの大浴場は全然大したことないが
まぁ疲れだけは癒して早めに寝た…

つもりだったけどやっぱりほとんど熟睡せずに
起床=3時半を迎えた

日の出は4時半なので
急いで支度して 道の駅ちくらへ向かう

まずは船をシルエットにして夜明け前をパシャリ
a0025842_15454255.jpg
そこから少し歩いて サンライズポイントを探す
a0025842_16214066.jpg
a0025842_16220004.jpg
ツーリングのお兄さんが 立ったままおにぎりをほおばっていたけど
あのバイク そこに停まっている必要はなかったよね?
私が隣に三脚立てたら
どいてくれてもよかったと思うなぁ~

おはようございますとあいさつしたけど
気が利かなさそうな方だった117.png

ホテルに戻ってもう1度横になったけどもう眠れないので
予定より早く朝食へ
売りはさんが焼きとフレンチトーストだったみたい
両方少しずつ食べて いつものように満腹

午前は野島崎灯台から撮影
初めて灯台そのものに上った
a0025842_16392964.jpg
ここの灯台は洲崎灯台より観光地
周りが公園になっていて
ぶらぶら歩いていたらすっかり時間が過ぎていた

戻ったらもう帰るバスの時間
相変わらず朝食の食べ過ぎでランチは食べそびれた
2時間近くバスに乗るのに
車内で食べられるものを買う場所もなかったのは反省

今から考えたら
1本バスを遅らせて 枇杷倶楽部まで行ってもよかったと思う
次回はぜひ?!

沖縄で海と夕日に魅せられた
房総は気軽にそれを撮りに行ける場所かもしれない

ただし…東側で朝日が主役なので
早起きの問題は残るな119.png

これで『思い立ったが吉日・房総旅行』は終わりです

今月はどこにも行けなかった
このまま夏突入
今日もこれを書きながら現像しなおしてたら
1日が終わってしまった

残念な日曜日。。。

# by room908 | 2019-06-30 16:58 | タビスルトキ | Comments(0)

ホワイトアスパラガス

去年に続いて
赤井川村にふるさと納税
ホワイトアスパラガスが届いた〜113.png
a0025842_22134935.jpeg
実家に持って行こうかと思ったけど
父は食べ物をあまり噛まないので
この繊維は無理かな〜?

# by room908 | 2019-06-03 22:11 | オイシイトキ | Comments(0)

HR EXPO

毎年夏に
行っていたHR EXPOというイベント
今年はこの季節にあった

真夏にビッグサイトまで行くの
辛かったからちょうど良かった

でもカメラ📷持っていけば良かったなぁと思う
展示じゃなくて
夕景がキレイだったから105.png
a0025842_21582874.jpeg
これは豊洲駅前
iPhoneで撮影

私が知っている豊洲とはチョット違ってた
工事中だったところは何だったのかな?

行きに新橋で見つけた
新橋らしからぬオシャレなうどんやさん
a0025842_22033904.jpeg
本当はカニピラフでも食べたかったけどね111.png

# by room908 | 2019-06-03 21:52 | 日記 | Comments(0)

ヨドバシってどんだけポテンシャルがあるの?

久しぶりに日常的なことを書く
なぜなら
1ヶ月前にFacebookの書き込みをやめてしまったから。。。

なぜやめたかはさておき110.png

ヨドバシでノンアルコールビール龍馬のケースを注文したのは
午後2時過ぎ

注文画面では
『今頼めば明日12時までにお届け』と書いてあるから
もちろん最速でも明日の午前なんだろうと思ってポチった

1日ウチでダラダラしちゃって
夜になってから買い出しに出かけたら
なんとその間に不在通知メールが…147.png

しかも私がちょうど買い物に出たくらいの時間に
『〇時×分頃に配達します』という内容のメールも入っていた

つまり
今日中に届くってことを7時過ぎに初めて知り
その50分後に突然来られても…皆さんは対応できます????

いや
消費者としてはすぐに届けてくれる方がどちらかと言えば助かる

でもそれって
すぐに届くことが前もってわかってる場合だよね?

これまでヨドバシを何度も利用したけど
その日中に届いたことはおそらく一度も(百歩譲ってほとんど)ない

翌日に届く場合でも
よくよく振り返ってみると
配達開始というメールと
配達完了というメールの間はいつも1時間弱しかなかった

でも彼らは
小さいものはポストに投函するし
宅配ボックスが空いていれば使うから問題を感じなかった

空いてなくて持ち帰った時でも
急ぎでなければ
わざわざ再配達の連絡はせずに
次に来てくれる時を待った
だいたい1日1回は寄ってくれてるみたいなのでそれでよかった

今回はビールケースという
確実にポストには入らないものだった

宅配ボックスに入れられないことはないけれど
今回入れなかった理由は大型だからか
それとも単にその大きさのボックスが使用中だったからか
わからない

実は最近多いんだわ 使用中…140.png
みんながいろんなものを注文するんだろうなぁ~
ボックスが争奪戦になってる感じで
仕事帰りに見るとほぼ毎日全部のボックスが使用中
ポスト投函された不在票には
「宅配ボックス使用中につき持ち帰りました」と書かれてある

まぁそれはこの本題とは別の問題なんだけどね…

今回は大きい荷物を自分で上まで持って上がりたくないから
正直ボックスに入れてほしくはなかった

ヨドバシにも宅配ボックスがあるかどうか通知してはいない
その状況でポスト投函できないサイズのものを届けるのだったら
その他の小さいものと同じように
突然「今から行きます」ではなく
やっぱり希望日時を注文時に申告させるべきではないかな?

だって昨今
スマホで何でも注文できるようになり
今日の2時にだって外出先にいたかもしれなかったわけでしょ

明日の午前に届くと思い込んでいたら
急いで帰ろうとは思わないし
開始と実際の配達が1時間もないのだったら
開始のメールをもらって急いで帰ったって
実際の配達に間に合わないなんてことだってあるはずで。。。

結果 再配達になったヨドバシさんと
その荷物を受け取る私と
双方にとって機会損失なわけですよ

だいたいクロネコも佐川もアマゾンも
いろんなサービスをやめたり
値上げしたりしている一方で
ヨドバシだけ
いくら自社配送だからって
なんでいまだに無料で
しかもその日中に届けられちゃうのか?!

ユーザーにやさしすぎるよね~105.png

しかも再配達受付が24時間営業って言うから驚いた147.png
実際今日 深夜0時過ぎにかけてみた
自動音声にプッシュボタンで答えるのだろうと思っていたら
なんと人間の声がした150.png

大丈夫なの?!
もっと効率化しなかったら
いつか値上げしないといけなくなるんじゃない???

って 余計な世話を焼きたくなる

だからこそ
その再配達を少しでもなくすためには
急ぐ人とそうでない人をちゃんと区別して
少なくともポスト投函できないものについて
購入時に配達希望日を申告するシステムは必要だと思った

だから深夜に電話に出たお兄さんに聞いてみた
「これまで当日に届いた経験はないと思うんだけど
どういう時に当日に届くんですか?」
その答えは「在庫があれば届きます」なんだって

つまり
翌日でも当日でも同じやり方をとって
「今から行きます」メールを出して
その後1時間以内には到着するってことだね

それで通してるっていうか
すべての商品に同じルールを適用してるのは
ある意味正しいんだけど
やっぱり当日に届くことは購入時にわからないと対応はキビシイ
という意見をお兄さんに伝えておいた

つまり
サービスよすぎて出ちゃうクレームなんだよね…105.png

すばらしいぞヨドバシ!
でもどっかで息切れしないようにしてください。。。

# by room908 | 2019-06-02 02:20 | ビミョ~なトキ | Comments(0)

沖縄3日目

2日目の夕日を見ることができないまま
翌朝の朝日も雲に隠れていた

3日目の天気予報は10時以降夜まで晴れマークだったので
今日こそ夕日を撮る!と張り切ってた

前日の朝の食べ過ぎを反省して
空きスペースが多い朝食のお皿110.png
a0025842_12144273.jpg
もちろん前菜としてサラダとフルーツは前日のとおりたっぷりと。。。

東京の出発間際に古宇利島からの夕日の写真を見つけて
3日目の夕日を水族館側のビーチから古宇利島に変更したので
朝イチでまずは美ら海水族館へ
室内だから天気が悪くても結果オーライ164.png
もっともイルカショーはやっぱり青空の下で撮りたかったケド
それは妥協するしかない

スムーズに入るために
8時半の開館に合わせて到着
なんとか一番近い駐車場には入れたが
水族館に入館してから
沖縄旅行をこの十連休中にしたことを後悔119.png

とにかく人・人・人143.png
水槽という水槽にほぼ近づけない

一番有名な巨大水槽は
元々人影も一緒に入れる前提なので そこでチャンスを狙う
a0025842_12181148.jpg
午前のイルカショーは11時
この日のランチは
ガイドブックに載っているカフェに行きたかったから
本当は11時には出発したかったけど
15分くらいで終わるみたいだからそこまで粘ろうとは思ってた

ところが水族館の中が混みすぎて
もういいや~と思って出た時はまだ10時の前半
ショーまでどうショー?!129.pngと思っていたが
トイレに行ったりなんかしながら
トボトボとショーの会場(オキチャン劇場)に向かったら
結構な人がすでに座ってる153.png

30分前にたどり着いた時に ほとんど空席はなかった
仕方なく最後列の空きスペースに立って待つ

30分立ってだよ!!
車には(結局一度も使わなかった)折りたたみ椅子もあったのに
トホホ…

で 肝心のイルカショーはと言うと
うーん…なんかイマイチ
バックが青空じゃないからだけじゃない
プログラムがショボイ気がする
無料だからしょうがないのかな?
背景が青空じゃないと意味ないかも。。。
a0025842_12491424.jpg
上から撮るとジャンプ感が湧かないよね105.png

終わったらそそくさと撤収して…と思ったら
パラパラ雨が。。。

10時から晴れの予報はどこへ?!

時間が時間なので とにかくフクギ並木のカフェに急ぐ
1日500円と書いてある駐車場にとにかく入ってみて
なーんにもわからずに歩きだしたら
駐車場から細い脇道が見えて
よく見るとそこにちーっちゃい看板があった
食べログにもガイドブックにも載っていたチャハヤブラン
a0025842_23331157.jpg
運よく待たずに座れた
雨はやんできたみたい

この日 もう1回沖縄そばを食べたい気持ちはやまやまだったので
ここではマンゴーシフォンケーキとチャイをいただいた
a0025842_23370352.jpg
a0025842_23371412.jpg
そのまま備瀬のフクギ並木へ
a0025842_23395464.jpg
30分ほど散策した後
駐車場を後にしたけど
500円を徴収するシステムはなかった
どこかにセルフ集金システムがあったのかな?
だとしたら気づきませんで すんまっせん105.png

次に運天森園地という場所を探す

そもそもこの名前の場所を古宇利大橋の展望台として紹介する記事を
ネットでみかけたのだけど
そんなに知られてはいないみたいで
NAVITIME Travelなんかでは場所が出てこない

しかも運天港という港があるためか
『運天港園地』と間違って紹介しているところもあり混乱
『モリゾノチ』なのか『モリエンチ』なのかもわからない(両方の表記を発見)
もちろんカーナビでは探せないし
最終的にはマップコードもわからなかった

現地でもう1回ググっていたら
その途中のきれいなビーチを一緒に紹介するページ
https://ohh.okinawa/article/5477/
を見つけたので
ついでに寄ってみようとしたけれどこれまた失敗122.png
グーグルナビが正しく連れて行ってくれなくて
自分の居場所がわからなくなってしまったので
おとなしく運天森園地を探し直す

でも近くまで行くと確かにあるようで
標識に従って山道を登ったら
ちゃんと5台分くらい停められる駐車場があったけど
車は全然停まっていなかった105.png

数十メートル草むらの中を切り開いたような道を不安の中歩き
ちょっと開けた場所には東屋があった
a0025842_00014319.jpg
ここまでもしも殺人鬼に尾行されてたら
絶対完全犯罪成立っ!って感じの場所だ129.png

#妄想たくましい。。。

誰もいない東屋からの眺め
a0025842_21484565.jpg
そしていよいよ古宇利大橋に向かう
橋のたもとにある美らテラスというお店をカーナビに入力
ところがその場所に近づいたら渋滞が始まった
そんなに人気の場所なの?!

美らテラスが人気というより
やっぱり古宇利島が人気みたい
そこは店の駐車場と公共の駐車場が隣接していて
島に渡る前にとりあえず古宇利大橋を撮影する人が集まる場所だった
a0025842_21552869.jpg
晴れてよかったぁ~145.png

古宇利オーシャンタワーは結構な観光地
ってかあのカートみたいなのって必要?!
一人旅にはきついよな~
a0025842_22062853.jpg
後から写真見ると
古宇利ビーチにも降りてみたらよかったかな。。。

ここからの写真を撮ってる時
反対側の屋我地島の高台からも橋が見下ろせるんじゃないかと思った
それに計画では
屋我地島側にある療養所の近辺から橋を眺められると調べてあった

それらを探すために一度戻ったけど
高い方に車を走らせると橋から離れて
そのうちまた下ってしまった

療養所には塀がなかったので
間違えたふりして(?)入って走ってみた
途中でどんどん道なき道みたいになっていったので
もしかして…と思ったけど
開けた場所には出ないまま行き止まり。。。
柵の向こうはさっき走ってきたかもしれない一般道だった

あきらめて脱出し
夕日撮影の場所を目指してまた古宇利に戻る

トケイ浜とティーヌ浜という2つのビーチがあり
有名なハートロックはティーヌ浜にある
日没まで時間があるので
先にトケイ浜に行きたかったけれど
駐車場はこちらという標識に従って入ったところは
ティーヌ浜の近く
トケイ浜にも歩けると表示はあったけれどやめておいた
理由はわからないけどたぶんめんどくさかったんだろう119.png

ビーサンの人が結構いたし
駐車場には足洗い用の水道はあったので
車でビーチシューズに履き替えてティーヌ浜へ向かった
数分で到着したところは猫の額ほどのビーチ
しかもものすごい人147.png

一瞬にして「日没までに別の場所に移ろうか?」という考えも
頭をよぎったのだけど
思い切って一番奥まで入ってみると
意外と?自分の世界に入れた128.png

あまりの混雑に 持ってきた三脚を広げる勇気もないから
奥の岩の上に荷物を置いて
ハーフND用のフィルターホルダーを取り付けて
カメラ📷は手持ちというヘンなおばさんだけど
そんなの気にしない109.png
a0025842_22424370.jpg
a0025842_22432319.jpg
おそらくそこに一番長くいたのが私だろうな。。。

ネットで見たハートロックと夕焼けの写真は
間違いなくちゃんと三脚立ててスローシャッターで撮ってる
ということは
この浜に私と同じ目的で来る人は間違いなくいる
…と考えられる

でもそこは10連休
観光客は数枚の写真を撮って入れ替わってたんだろう

長いレンズにヘンな器具を付けて撮ってるオバサンの前に
人はあまり入ってこなかったから
よく見えてなかったけどね…110.png

太陽が完全に隠れてしまった後
若い女性が近づいてきて
「沈んだところ撮りましたか?」と聞いてきた
「見せてください」「今着いて見られなかったから…」

見せてあげて 少しお話しした
とてもいいお嬢さん
関西と九州に離れた彼氏と旅行中だそう
「明日もいるならまたお天気いいみたいだから楽しみですね!」
と言ってお別れした
a0025842_22583530.jpg
そのうちあたりは暗くなり
周りの人も少なくなった
駐車場に戻って足を洗った頃にはほぼ真っ暗
車も数台しか残ってなかった

さ~て…夕飯どうしよう?
食べログで数件のお店をチェックしてはいたものの
名護市内にたどり着くのは8時過ぎ
潮風を浴びた体でそんなにこじゃれた店には入れないから
国道沿いのファミレスにでも入ろうかなぁと考えながら走っていたら
たまたま通りかかったイオン名護店

困った時のイオン
偶然そこに沖縄料理のファミレスみたいなのがあった
a0025842_23163082.jpg
煮つけ定食
これがうまったのだ113.png

味付けが上品で 全然しょっぱくない101.png
煮つけというのが沖縄料理なのかもよく知らないけど
ラフテーなんかも入ってるから
こういうのもあるんだろうなぁ~

ご飯も地元のジューシーというのを選んだ
こんなご飯を毎日食べたいと思ったくらい
ショッピングモールにあるいかにもチェーン店で
こんな風に思うのもチョット恥ずかしいけれど
事実なんだからしょうがないよね。。。

4日間のうちで一番長い日が終わった

この夜は短くても やっとちゃんと眠れたような気がする

最終日につづく

# by room908 | 2019-05-16 21:19 | タビスルトキ | Comments(0)

沖縄そばレポート

2日目のランチ

美ら花という沖縄料理店で
一番のおすすめと書かれた本ソーキそばを注文
a0025842_16403225.jpg
初日の亀そばと比較ね102.png
a0025842_16414492.jpg
これは店名と同じ『亀そば』というメニューだから
いわゆる基本の『沖縄そば』なんじゃないか と推論した

その証拠に三枚肉(ラフテー)とソーキが両方乗っていた
上のソーキそばの具はソーキのみ
三枚肉そばだと三枚肉しか乗ってないんだろうと考察

とはいえ ラフテーとソーキの違いも
今回で改めて学んだんだけどね110.png

ソーキの方がおいしかったので
おみやげにはソーキの方を買ってみた
まだ食べてないけど。。。

で どっちのそばがおいしかったかというと
ビミョーなんだこれが。。。

亀そばはフードコートとは言っても
食べログで3点(ギリギリ?)は取っているし
他の本支店は路面の小さな店
つまりもともとはまじめな(?)沖縄そば屋だったんじゃないか
とこれも推論105.png

一方で美ら花はその1店舗しかないみたいだけど
一見してファミレス風の広い店内
旅行者向けと思われても不思議ではない

スープは亀そばの勝ち
っていうか亀そばのスープの味は「問題ない」以外に記憶にない128.png
でも美ら花は薄すぎたので
少し塩を振って食べた

麺はいい勝負…だけど
生めんを売りにしていた美ら花かなぁ~?

そこでは具としてのソーキのファンになり
次はあおさの乗ったアーサそばを食べてみたいと思ったので
3日連続沖縄そばのつもりでいた
(その時は…)

3日目につづく

# by room908 | 2019-05-11 17:36 | タビスルトキ | Comments(0)

沖縄2日目から振り返る

当初の予想通り
タイムリーな投稿は2日目で力尽きました105.png

平成の終わりとともに
Facebookの更新をやめたので
何とかこことTwitterに足跡を残しながら行きたかったんだけどね

よく考えたら
FBは自分のみにしてメモに使っておけばよかった119.png
そしたら訪問先は残ったし
後からこれを書く時のコピペ材料にはなったよね。。。

さておき…

初日は大雨の中
車社会沖縄+十連休が原因と思われる渋滞も結構あったし
あっという間に夕方になってしまった

1泊目のホテルにはスパもあったのだから
ゆっくりお風呂っていう手もあったのだ~バカバカバカ…145.png

朝日についてフロントスタッフに聞いた時
「館内ではスパからだけ見える」と言われたけど
この時期の日の出時刻にスパは空いていなかった

そして翌朝 早起きしてホテルの外に出てみたものの
東側には民家が並んでいて
開けた場所がなかった😢

かろうじて建物の隙間から登る朝日をパシャリ📷
a0025842_20565847.jpg
たっぶりの朝食の後 まずは座喜味城跡へ

すでにアップした速報で使っているのはiPhoneの画像なので
ここからは一眼の画像を掲載
a0025842_20582172.jpg
残波岬灯台は遠景を撮るためにあえて灯台から離れた
a0025842_15075562.jpg
a0025842_15081335.jpg
このへんは展望デッキになっていて
人も少なかったので 三脚を立ててじっくり

ここはメインイベントのつもりだったので 三脚を持ち出したが
その他は夕日用のつもりだった
結果的にここで1回使っただけだったけれど119.png

次に行こうとした真栄田岬で駐車場が渋滞してたのは
そこがいわゆる『青の洞窟』への拠点になる場所だからだと
帰京してからわかった
確かに前方にかなりの人が行ったり来たり
なんだかにぎわってるなぁ~とは思っていた

出発の前日に買って ほとんど読んでいなかったまっぷるマガジンには
青の洞窟は載ってない
ドライブ版だからかなぁ~?

とにかく渋滞で時間をロスしたくないので先を急ぐ

次のポイントは万座毛
a0025842_15592409.jpg
駐車場はノンビリした感じだったけど
いざ岸壁に向かう遊歩道を歩きだしたら
人は結構渋滞していた
半分くらいは中国人かなぁ~
a0025842_16245946.jpg

12時ちょっと前から1時間くらいいたけど
朝食がたっぷりだったので まだお腹が空かない

シークワーサーシャーベットで血糖値だけ上げる
a0025842_16262165.jpg
これが思ったより多くて
最後チョット捨てちゃった111.png

万座毛を出発すると
一番人気と読んでいたハワイアンパンケーキパニラニはその先の国道沿い
13時台前半に通りかかったら
ざっと15~20人の人の列が見えたので通過119.png

そのまま海沿いの国道58号線をドライブしていたら
だんだん渋滞してきた
カーナビが結構迂回ルートを提案してくれるみたいだけど
迂回ルートがないところも多いみたい

あてずっぽうで海を離れて曲がってみた
高台の上にはホテル
そこから国道に戻る道はまるでジェットコースター
a0025842_16284420.jpg
傾斜はそうでもなかったけどね。。。

運悪く後ろからタクシーが降りてきて
ウィンドウ越しにしか撮影できず

この道を降りた交差点が かの有名な(?)ブセナテラス入り口
たどり着いた時 「まさかブセナ渋滞?」と思ったけど
そうではなく
もう1度右折で国道に戻ってもしばらくノロノロ

そうこうしてるうちに
さすがに少しお腹が空いてきた

道の駅許田まで行こうと思ったけど
ノロノロ走っている途中で目に入った美ら花
食べログに保存していた店

もう1回沖縄そば食べよう!

前日のフードコートでの沖縄そばは
それなりにおいしかったけど
ちゃんとしたのも食べくらべたいと思った

その記録は次に別に投稿するので読んでね109.png

食べ終わった頃には曇ってしまったので
道の駅で少し買い物して
ホテルにチェックインしてから
夕日の時間まで 予定どおりに今帰仁城へ
a0025842_17094256.jpg
本当はここも景色がいい場所なので
晴れてる時に行きたかった

夕日の撮影地である瀬底ビーチには30分ほど前に着いたけど
引き続き雲は厚くて
まだまだ水平線よりだいぶ上にあるはずの太陽は
全然見えなかった
a0025842_17132655.jpg
わずかに集まった観光客も
外の路上に停めた車からこの場所まで歩いて来るものの
ほとんどがUターンして戻っていく

私も将来の下見と思うようにした
ちなみに右に見えるのは伊江島
タッチューと呼ばれるとがった山がある
『ダイヤモンドタッチュー』がどこかで見られる時期もありそうだ

その日は朝の食べ過ぎが尾を引いて
夕方からお腹を軽く壊してしまったので
スーパーでちょっとしたものを買い出ししてホテル前に到着

でもお腹は回復傾向だったので 思い直して
元々チェックしていた名護のグルメバーガーのお店に
ダメ元で向かってみたけど
なんと閉店が8時前だった150.png

そりゃ間に合わない。。。
そもそも場所が見つからずじまいで戻ることになった

前夜にビールを飲んでしまって また眠れなかったから
その夜はノンアルにしたのに
やっぱりなかなか寝付けなかった
運転すると高ぶってこうなっちゃうのかなぁ~?

沖縄そばレポートにつづく

# by room908 | 2019-05-11 17:33 | タビスルトキ | Comments(0)

沖縄2日目

やっぱりいろんな場所で
十連休を思い知ることになった

朝イチの座喜味城跡
a0025842_21293651.jpeg
ここは静かだった

残波岬
a0025842_21183561.jpeg
灯台に上る人が多いようで
離れた場所はやっぱり静かだった

ところが次に着いた真栄田岬
何があったのかわからないが
入口で車が渋滞153.png

スキップして万座毛へ
a0025842_15295384.jpeg

夕方は無理やり今帰仁城跡にも行った
午後から曇ってしまって残念な眺望
よってiPhoneの写真は無し

夕日は瀬底ビーチの予定だったから
とにかく行ってみたが
みんな日没を待たずに帰ってゆく
a0025842_15344728.jpeg

ヘトヘトになってベッドに入ったのに
また眠れない。。。

# by room908 | 2019-05-03 14:03 | タビスルトキ | Comments(0)

一泊目はコスタビスタ

北中城村のリゾートホテル

早めの夕食の後チェックインして
朝日が見えるのかどうか聞いたところ
館内ではスパのベランダからだけ☀️見えます
とのこと

高台だから
周囲の道路に出たらどこからか見渡せるだろうと
勝手に早朝撮影を計画
でもほとんど見えなかった😢

朝食は前菜から
a0025842_11480372.jpeg

メインまで
a0025842_11482334.jpeg
十連休の混雑を思い知り
ランチをスキップする覚悟で食べ過ぎて
都合1時間滞在😆

午後からお腹が痛くなってしまう結果に💦

スタッフの対応もおおむね👍
本当はもう少しゆっくりする宿だね。。。


# by room908 | 2019-05-02 21:10 | タビスルトキ | Comments(0)