ウレシイトキ オイシイトキ ジャジ~なトキ

ブログトップ

温泉レポートでっす

今年の東北ツアー1泊目は高根温泉玉子湯
a0025842_12555853.jpg
福島駅から送迎のマイクロバスでおよそ30分
後半はヘアピンの連続で 山に上ってることがわかる
去年行った青根温泉不動閣に似たロケーション

ここはお風呂が満点
a0025842_12581469.jpg
女子が入れるお風呂が合計6ヶ所も006.gif
内湯2ヶ所のうち1ヶ所は小さくてあまり使えないんだけど もう1ヶ所はかなり広い
お湯はすべてのお風呂で源泉かけ流し なのにどこもサイコーの湯加減016.gif
夕方の露天はチョットぬるめではあったけど 熱すぎるよりは長湯できるので好き
おかげで4時半頃から湯めぐりを始めたのに 気づいたのは夕食直前だった

ずっと入っていたい…
もう1度このお風呂に入りたい
そんなふうに思ったのは初めてに近い

露天から丸見えの場所に建物があるのですが005.gif
そこにはデカデカと『女子寮』と表示してありました
女子従業員は男女問わずハダカ見放題かも?!

夕食はお品書きはあったものの
お部屋食だったせいかな?
会席式ではなく 最初にすべてのお皿をお膳に並べる方式
最後に食べるメインディッシュは気持ち冷めていたかな
でももう少し田舎っぽい料理を想像していたせいもあって 全体的には満足でした
連れの友達が2品追加コースにしちゃって もちろん完食はムリだったけど046.gif

総合点ではチョーおすすめデス!
私自身もリピート考え中

2日目は会津に移動
会津って遠いのよねぇ~
郡山から延々1時間以上磐越西線という各駅のローカル線に乗るのです
満田屋という田楽料理のお店で軽くランチ
a0025842_1323254.jpg
鶴ヶ城を見てからやっと旅館に到着したのはもう5時近かった
こんなことはお花見シーズンならでは

会津東山温泉庄助の宿瀧の湯は評判どおり商業的な(?)旅館です
空いてる時はいいのかも知れないけど 日曜夜だというのに続々と到着する客がいる

チェックインはソファで抹茶を飲みながら…
しかもロビーには無料の利き酒コーナーがありお猪口までくれるのだ
(それだけ待たせるってこと?!)
それはいいのだけど 夕食時間を7時頃と選んだところ
「6時20分か7時40分のどちらかしか空きがない」とのこと
お部屋食だからしかたないのか…?!
しかしその二択は離れすぎ021.gif
インターネットで予約したのだけど
もう少し早めに電話などで希望を聞いてくれることはできないのかな
「せめて7時の前半に」とごねて何とか7時10分にしてもらうことができたので
減点はしないであげるけれど。。。

ロビーには女性客のために部屋に備え付けの温泉用浴衣とは別に
カラフルな浴衣を並べて選ばせるコーナーもあった
なぜか「チェックインの後」と言われたけれど
「あれだけ待ち時間があったのだからその間に選ばせてほしかった」とは連れの弁

お風呂はウーン…039.gif
無料で入れるところはたいしたことないというのが正直なところ
内湯は2通りの湯温に設定してるけど1つは熱すぎ、もう1つはぬるすぎ
露天がちょうどよかったが実は屋根つきであまり開放感がない

貸切風呂は料金がお高め
今回は滞在時間も短かったので考えなかったけど
45分ってあっという間なのよね~せめて60分で同じ値段だったら検討できそう

食事の方はほぼ満点デシタ!
こちらは後半のメインディッシュを少し遅れて持ってきてくれる
おまけに冷酒がサービス003.gif
冷酒は悪酔いするというイメージで外では積極的に呑まないけど
やっぱし温泉旅館の純和風な食事には合うんだね~とわかった

もち豚しゃぶしゃぶは美味053.gif
さらにメインの会津牛は脂が乗りすぎだったかもしれないけど
すご~く柔らかかった
あれを朴葉焼きにするのはもったいないしチョットしつこいかな…?
レアなステーキなら大根おろしでものってればもう少し小さくても十分
もっとも会津地方は何でも味噌味にする傾向もあるようだが012.gif

部屋から見下ろす渓流の対岸にこういう舞台があり 毎晩ショーが見えます
a0025842_13132310.jpg
でもこれもたいしたことないです011.gif

以上 今年はちゃんと旅館レポート書けました
(去年はスルーしちゃったけどね)

ところでこのGW
前半を実家で過ごしたせいか 朝型生活できてます
今日は午前中のうちに掃除も洗濯も終わり 12時台にお昼も済んだ
午後は近所をうろうろしま~す043.gif
[PR]
by room908 | 2010-05-04 13:09 | ウレシイトキ | Comments(0)